Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「お腹からやせるごはんの食べ方」講演も-JA全農2017年11月7日

一覧へ

 JA全農は11月11日(土)、12日(日)に開かれる「東京ハーベスト2017」に参加する。全農グループの食品販売のほか、キッチンカーによるカフェ、「お腹からやせるごはんの食べ方」についての講演なども行う。

 東京ハーベストは六本木ヒルズを会場に開かれる。主催は食材通販会社などでつくる実行委員会で今年で5回目を迎える。
 JA全農は直営レストラン「ラ・カンパーニュ」の米粉を活用したグルテンフリーのお菓子(パウンドケーキやクッキー)、JA全農たまご(株)の「しんたまぷりん」や「ウィークエンドシトロン」、全農ブランドの「お米のミルク」、「グラノーラ」、「セミドライフルーツ」、新殺菌製法を用いた「農協牛乳」などを販売する。
 このイベントでは農産物・食品の販売だけでなく田植えや料理など体験型イベントも用意して農と食の魅力を発信しており、12日午後1時30分からはステージで、日本健康食育協会の柏原幸代氏と元プロボクサー木村悠氏による「お腹からやせるごはんの食べ方」、「ごはんに代えて強くなった秘密」の講演も行い、引き続きJA全農がABC Cooking Studioと共同開発した米をペーストにした「マイピュレ」のレシピ実演も行う。

(関連記事)

農はアート?食文化を国内外に発信、東京ハーヴェスト2017(17.11.07)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る