左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

地域農業の拠点に新本店がオープン JA東西しらかわ(福島県)2017年12月20日

一覧へ

 福島県のJA東西しらかわの新本店と拠点施設が完成し、12月18日、オープンセレモニーを行った。本店事務所のほか、いきいき福祉センター、物流センター、購買倉庫、米保管倉庫を併設し、地域農業の振興と地域貢献の拠点としての機能発揮が期待される。

決意新たに新本店のテープカット 同JAの本店事務所は、平成13年3月の合併以来、旧JA表郷事務所で8年、白河市表郷庁舎の一部を借用して8年、事業運営してきた。新本店の場所は東白河郡棚倉町で、地理的には同JA管内のほぼ中央にあたる。建物は民間会社の工場施設を改修したもので、敷地面積1万9787平方m、延床面積1万2069平方mという大規模な施設だ。
 オープニングセレモニーには県内JAの組合長や同JA管内の町村長、JAの役員や組合員代表など80人余りが出席。同JA薄葉功代表理事組合長は、「生産者から高く買い、消費者に安く売るという経済事業を中心にJA自己改革に取り組み、みなさんに支えられて地域に根ざした活動を展開することができた。新本店は管内のほぼ中央にあり、管内の主なところへ、ほぼ30分で行ける。出向く活動によって、JAここにありという心意気を示したい。施設の大きさに負けないようJA運営に努めたい」と、決意を述べた。
 各町村長のほか、大橋信夫・JA福島県5連会長、友好JAの神奈川県JAはだのの山口政雄代表理事組合長らが出席し、祝辞を述べた。

(写真)決意新たに新本店のテープカット

 

○新本店住所:福島県東白河郡棚倉町大字中豊88
○電話番号:0247-57-5923

 

(関連記事)
生産基点の事業次々 新しい視点でJAに新基軸【JA東西しらかわ前組合長 鈴木 昭雄 氏】(17.09.29)
〝人生三毛作〟中国で肉用牛 組合長を退任後挑戦-福島・JA東西しらかわの鈴木氏(17.09.05)
好値に期待 JA東西しらかわがモデル農場の子牛初出荷(17.07.05)
【JA人事】JA東西しらかわ(福島県)(5月27日)(17.05.31)
かがやく未来のために 29年度事業計画発表会開催 JA東西しらかわ(17.03.06)
【JAの挑戦/福島県・JA東西しらかわ】繁殖牛モデル農場で低コスト・多頭化へ(17.01.27)

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る