JAの活動 ニュース詳細

2017.12.21 
地産地消でセミナー JC総研一覧へ

 JC総研は、農水省の受託事業で「地産地消セミナー」を全国7か所で開いている。本年度の治産地消等優良活動表彰受賞者の事例をはじめ、現場で薬殺実践的な事例を紹介する。

 セミナーの目的は、地域の生産者と消費者を結びつけ、(1)食料自給率向上の活動を知る、(2)直売や加工等の6次産業化による地域活性化を促すノウハウを学ぶ、(3)意見交換を通じ、参加者同士の交流をはかる、の3点。参加無料で定員50名。

○問い合わせ先:地産地消等優良活動表彰事務局(一般社団法人JC総研基礎研究部食農チーム)
○参加料:無料
○定員:
50名
○TEL :
03-6280-7326
申し込み方法:FAXまたはメールで。
○FAX:03-3268-8761
○メール:chisanchisyo@jc-so-ken.or.jp

セミナーの開催日、場所、テーマ・講演者は次の通り。

【平成29年】
▽12月19日(開催済み)、札幌市
「地場食材の消費拡大」
(東京農工大大学院教授・野見山敏雄)

【平成30年】
▽1月18日 山形市
「魅力を伝える地産地消メニュー」
(山際食彩工房代表・山際博美)

▽1月25日 長野県佐久市
「病院給食における地場産食材の利用拡大」
(山際博美)

▽2月上旬北陸(場所未定)
「地産地消による地域振興」
((株)FM総研代表・山本雅之)

▽2月9日 愛媛県今治市
「学校給食における地産地消メニュー」
(管理栄養士・村井栄子)

▽2月16日 福岡県糸島市
「地産地消で創出する価値」
((株)ユニバーサルデザイン総合研究所所長・赤池学)

▽2月26日 滋賀県守山市
「人と人、人と農地をつなげる地産地消」
(東京農工大大学院教授・野見山敏雄)

 

(関連記事)
第39回 ―柏市(千葉県)の農産物直売所「かしわで」の活動と実践に学ぶ―(17.12.17)
代理店化防ぎ農業振興【JAはだの改革推進室長 三瓶壮文 氏】(17.12.01)
CPTTP大筋合意が教えていること(17.11.15)
JA自己改革運動を考える(17.10.31)
【座談会】組合員の思い 言葉に、かたちに(1)(17.10.24)
【特集・JAトップ層鼎談】組合員とともに地域に根ざす(17.08.01)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ