JAの活動 ニュース詳細

2018.02.23 
北九州北部豪雨被害地に義援金贈呈 JA全農福島一覧へ

 JA全農福島は、2月21日、福島市の福島リビング新聞社を訪問し、1月27日と28日に開催された「ふくしまうまいもの×Livingフェスタ2018」で実施したチャリテイ「お米すくい」の義援金5万8841円を贈呈した。

渡邉博之福島リビング新聞社社長(左)と加藤広幸JA全農福島管理部長 今回のイベントは北九州北部豪雨の被害を受けた福岡県への応援がテーマ。同新聞社はイベントの売り上げの一部とJA全農福島からの義援金の合計10万1873円を、福岡県朝倉市と朝倉郡東峰村へ寄付した。

(写真)ふくしま義援金 渡邉博之福島リビング新聞社社長(左)と加藤広幸JA全農福島管理部長

 

(関連記事)
気候変動統合レポート2018年版発行 農水省など(18.02.20)
台風21・22号被害見込み73億円(18.02.20)
台風21号の暴風雨災害 激甚災害指定(17.11.28)
木本昌秀教授・東京大学大気海洋研究所副所長に聞く】異常な夏 今、地球は?(17.08.30)
豪雨、暴風雨被害を激甚災害に指定-政府(17.08.09)
豪雨集中で山腹崩壊多発-九州北部豪雨 林野庁調査(17.07.24)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ