Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

台風21・22号被害見込み73億円2018年2月20日

一覧へ

・キャベツなど野菜が47億円

 平成29年10月に日本に上陸・接近した台風21号と22号による農業被害は被害面積5万1800ha、被害見込み額は73億3000万円となった。

 2月16日に農水省が公表した。キャベツなどの野菜が47億6000万円(被害総額の65%)でもっとも大きく、リンゴなどの果樹が9億3900万円(同13%)、大豆等の雑穀・豆類が7億1400万円(同10%)となった。都道府県別では千葉県が25億9000万円(同35%)ともっとも大きく、鹿児島県が6億9300万円(同9%)などとなった。
 台風21号は昨年10月21日から22日にかけて日本の南海上を北上し23日に超大型台風として静岡県に上陸、西日本から東北にかけて大雨となった。22号は28日から29日かけて本州南海上を北東に進み、太平洋側を中心に大雨をもたらした。

 

(関連記事)
2月の野菜の生育状況と価格見通しを発表 農水省(18.02.01)
台風21号の暴風雨災害 激甚災害指定(17.11.28)
【本紙緊急米調査・全国主要219JA】天候不順も収量は平年並み 未熟粒など品質低下を懸念(17.09.20)
農地復旧限度額 全国同一に-農水省(17.06.19)
ポテチが教える不都合な現実(17.04.12)
タマネギも高値か 4月の野菜価格(17.03.30)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る