想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

タマネギも高値か 4月の野菜価格2017年3月30日

一覧へ

 農水省は3月29日、東京都中央卸売市場の4月の野菜の生育状況と価格見通しを公表した。主産地などからの聞き取りをまとめたもの。

タマネギも高値か 4月の野菜価格 昨年8月の台風の影響で、千葉県の産地で欠株が発生し高値が続いた人参だが、4月は後続産地の徳島県の出荷で、価格も平年並みに回復する見込み。
 ハクサイは冬場の需要増のため出荷が前倒し、その影響で先月に続き4月も出荷数量が平年を下回り高値で推移すると予測される。
 キャベツは、2月に鹿児島県産の加工・業務用キャベツが足りず青果用キャベツで補ったため3月は高値となっていた。主産地での生育が平年並みで、加工・業務用の出荷数量が少ない時期であるため、価格は平年並みに回復する見込み。
 バレイショは昨年夏の長雨や台風の影響で北海道産バレイショの肥大が抑制され、小玉傾向。そのため在庫収量が平年を下回っている。このことから出荷数量も平年を下回るため、先月に続き高値が予想される。
 タマネギは出荷数量は平年並みだが、流通業者らの需要が、北海道産タマネギの在庫に対し高いため、価格は高値で推移する見込み。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る