JAの活動 ニュース詳細

2018.07.26 
夏野菜を児童にPR JA東京中央の若手職員一覧へ

 都市農業の魅力を伝えたいーこの思いから、東京都JA東京中央の若手職員が、7月24日、渋谷区代々木のJA東京アグリパークで、夏休み中の児童を対象に「夏野菜ワークショップ」を開いた。28日まで種類を変え、夏野菜による熱中症対策で講演・実演などを行う。

自動と活発にやりとり(写真)児童と活発にやりとり

 

 初日は大豆。「日本の大豆はすごいぜ」のテーマで、訪れた親子連れを前に、JA東京中央の職員が、日本への伝来の歴史や加工品などをクイズ方式で説明。児童たちは、活発に手を挙げて答えていた。この後、「東京のトウモロコシはすごいぜ」でトウモロコシの効能を紹介した。
JA東京中央の若手職員がJA東京アグリパークで、夏休み中の児童を対象に「夏野菜ワークショップ」を開いた 25日からは和食の良さを説明。「日本のうま味すごいぜ」で、野菜の出汁を試飲してその材料のクイズ、「東京のトマトはすごいぜ」で、カラフルトマトの試食などを計画している。
 初日の大豆で講師役を務めた同JA農住支援部購買販売課の山川優主任は「JAのジュニア和食アドバイザーの呼びかけがきっかけ。大豆のことを知ってもっと食べたくなったといわれ嬉しかった。JAの感謝祭などでもやりたい」と手応えを感じている。
 

 

(関連記事)
石川佳純(かすみん)カレー新発売 JA全農が24日から(18.07.25)
【座談会】持続可能な未来志向の改革を紡ぐ 「農」の進化に挑み続ける東京農大(3)(18.07.13)
一般大学の農業講義 教養の必須科目に(18.04.19)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ