Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

中四国広域物流センター出発式 JA全農2018年11月30日

一覧へ

 JA全農は11月29日、中四国7県域を対象とする農薬の広域物流拠点「JA全農中四国広域物流センター」の出発式を岡山市の同センターで開いた。

中四国7県本部長らによるテープカット(写真)中四国7県本部長らによるテープカット

 

農薬農家別セット組用装置(デジタルアソートシステム) 農家組合員からの注文された農薬を迅速に箱詰めするための仕分け装置 県域を超えた広域物流センターは平成24年から稼動している北部九州地区に続き2か所めとなる。同センターは農薬メーカーのストックポイントや各県域の在庫を集約し一元的に在庫管理を行う。
 開会のあいさつでJA全農の久保田治己常務理事は「同センターの稼動を契機に一層の結集を図り、効率的な農薬広域物流と併せてブロック域が一体となった農薬購買方式による購買力強化を実現するよう期待する」と述べたほか、今後は中四国受注センターを設置するとして、JAからの肥料農薬の受注業務を集約、「さらなるコスト削減を図るなど、JA、農家組合員の付託に応える農薬事業をめざす」とした。

(写真)農薬農家別セット組用装置(デジタルアソートシステム) 農家組合員からの注文された農薬を迅速に箱詰めするための仕分け装置

 

収容能力は約11万ケースある 同センターの配送は日本通運が担う。久保田常務は農薬効率配送実現への協力に謝意を示し、全農は「JAの農家対応を支援する事業の構築、連合会機能の発揮によるスケールメリットの最大化をめざしており広域物流はその一環。今後もいっそうの事業強化とコスト低減に努力する所存」と述べた。
 関係者によるテープカットの後、配送車両が出発した。
 同センターの延べ床面積は7213平方メートル(2183坪)。収容能力は農薬約11万ケース。主要設備は、農家別セット組み用装置であるデジタルアソートシステム。12月3日に稼動する。

(写真)収容能力は約11万ケースある

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る