左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAグループ茨城、世界的デザインコンペで銀賞を受賞2018年12月7日

一覧へ

 JAグループ茨城の青果物出荷箱のデザインが、パッケージデザインに特化した世界でも権威のある「ペントアワード2018」で銀賞に輝いた。

いいものいっぱいいばらき集合
 受賞した出荷箱のデザインは、笑顔になれる農業をコンセプトに「いいもの いっぱい いばらき」と大きく表示し、シンプルな従来のものから大幅にリニューアルされた。
 カラーバリエーションも豊富で、イラストもかわいい印象。消費者のおいしい笑顔が生産者の笑顔につながり、ともに笑顔になれるように...との願いが込められている。
 メロン、サツマイモ、梨など茨城県特産の青果物は国内だけでなく海外にも輸出されているが、この受賞でさらに注目されることになりそうだ。
 なお、「ペントアワード2018」には、デザインを担当したレンゴー(株)が出品し、受賞式は9月6日にニューヨークで開かれた。

 

(写真)レンゴー(株)提供

 

(関連記事)
サツマイモを北米に 焼き芋戦略拡大(18.01.22)
スマイルマークの新段ボールでブランド力向上目指す JAグループ茨城(17.05.25)
茨城の冷凍惣菜づくりに出資 JA6次化ファンド(15.01.16)
糖度の高い紫サツマイモ新品種「ふくむらさき」 農研機構(18.11.16)
【JA新代表に聞く】第3回 根本作左衛門・JA稲敷代表理事組合長(18.06.28)
商系との共同資材店順調 JA水戸(18.06.18)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る