Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

輸出専用日本酒ブランド販売 全農インターナショナル2019年7月3日

一覧へ

 JA全農は、JA全農インターナショナル(株)、小澤酒造(株)、日本酒類販売(株)が、輸出専用日本酒ブランド『TOKYO Z1(ゼットワン)』を共同開発し、7月から東京の姉妹都市、英国ロンドンで販売を開始すると発表した。今後、欧州各国へ販売網を拡大する。

20190703 輸出専用日本酒ブランド『TOKYO Z1(ゼットワン)』 

 JA全農グループ、日本酒販売(株)および小澤酒造(株)は、ラグビーワールドカップジャパン2019や東京オリンピック・パラリンピック2020により世界の注目がわが国に集まるのを好機と捉え、日本酒の輸出専用ブランドを開発し、JA全農グループの海外輸出拠点や、英国食品卸売会社のチャネルなどを活用して海外に販売することにより、日本酒と日本産米の消費拡大を図るとしている。
 商品の特徴やコンセプトは次のとおり。
▽『Z1』の由来は、「ZeroからOne」が意味するとおり、まったく日本酒を飲んだことがない方に、まず一口飲んでもらうというもの。手に取りやすい価格と容量(180mlボトル)(=写真)としている。
▽東京に現存する8蔵のうちの1社で、奥多摩の豊かな自然に囲まれ300年以上酒造りを続けている小澤酒造による醸造。
▽海外の酒類販売に精通した日本酒販売(株)がマーケティングをサポートする。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る