JAの活動 ニュース詳細

2019.08.21 
Z-GISが1万ダウンロードを突破 JA全農一覧へ

 JA全農が推進する営農管理システム「Z-GIS」は8月21日、累計1万ダウンロードを突破した。

Z-GISほ場イメージ

 Z-GISは、エクセルとの連携でほ場管理を効率化するクラウド型の営農管理システム。JA全農が2018年4月にリリースし、使用料が月額200円(100ほ場)と導入しやすい価格を設定し普及をはかってきてる。
 これまで紙の地図に手書きで記載していた農地情報や作付け、営農計画を電子化することで、それに要していた時間と労働力を省力化・効率化することができるなど、これからの時代に対応した営農管理システムとして期待されている。
 「Z-GIS」の会員数は8月20日時点で全国のJA、県連、経済連、ホクレンなど312件。ダウンロード数は1万19件と1万件を超え、今後さらに普及していくことは間違いないといえる。


JA全農営農管理システム「Z-GIS」サイト



(関連記事)
Z-GIS・新機能やシステム連携も追加 JA全農が県域担当者TV研修会(19.08.07)
全農 Z-GIS、アピネス/アグリインフォの機能強化を発表(19.4.19)
過疎地の農業救う Z-GISで圃場管理 熊本・JA本渡五和(19.4.19)
Z-GIS 農業の戦略づくりに不可欠(19.03.18)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ