Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

全農 Z-GIS、アピネス/アグリインフォの機能強化を発表2019年4月23日

一覧へ

 JA全農は、総合営農情報サービス「アピネス/アグリインフォ」と、営農管理システム「Z-GIS(ゼット・ジー・アイ・エス)」の機能を強化し、11日より運用を開始。気象データの活用を拡大し、営農をバックアップする。

 「アピネス/アグリインフォ」は、JAグループ向けの会員制総合営農情報Webサービス。全国の営農指導員、TAC、生産者に対する営農と営農指導の支援を目的に、農業の現場で役立つコンテンツを提供している。
 今回の機能強化では、「1kmメッシュ気象情報」に、アラートメールの送信機能を追加。また、気温、降水量、風速、降雪量、霜、積算温度の各項目について、利用者が設定した条件に合致する気象予報がでた時に、メールを受信することができる。これにより、急な雨の予報を見逃すことなく作業計画に反映したり、霜のアラートを設定して防霜対策に活用できるようになった。
 さらに、Z-GISの機能強化は、「アピネス/アグリインフォ」の1kmメッシュ気象情報の一部が利用できるようになった。
 Z-GISの地図の中心で気象ボタンをクリックすると、その地域の1kmメッシュ気象情報が表示され、気温変化、降水量、天気予報に加え、田植えから現在までの積算気温など任意の期間の予想など、営農に必要な気象情報が利用できる。

【問い合わせ】
アピネス/アグリインフォ
○部署:JA全農耕種総合対策部 アグリ情報室
○担当者:佐藤
○電話:03-6271-8278

Z-GIS
○部署:JA全農耕種総合対策部 スマート農業推進室
○担当者:大武、渡邊
○電話:03-6271-8274

アピネス/アグリインフォの機能強化をしたZ-GIS 1

アピネス/アグリインフォの機能強化をしたZ-GIS 2 

 Z-GISで気象ボタンを押すと1㎞メッシュ気象情報や24時間・週間予報、降水量・気温変化・積算気温などの情報を見ることができる

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る