Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

国産野菜で"育脳"離乳食・幼児食講座 JA全中2019年9月4日

一覧へ

 毎月12日の「育児の日」にちなんで、東京・大手町JAビル内の「農業・農村ギャラリー”ミノーレ”」は、9月12日、国産野菜を使った「子どもの脳を育てる『育脳離乳食・幼児食』」の講座を開催する。

親子で参加することもできる(写真は昨年の様子)

 「はじめよう!生後5ヵ月から国産野菜で育脳離乳食・幼児食 脳・味覚の発達のためのレシピとアレンジ方法公開」をうたう、今回のテーマ食材は今が旬の"さつまいも"。また、味覚の発達のためには「うまみ」「苦み」など様々な味を覚えることが重要。「春菊」「りんご」を使用した脳と味覚を育てるレシピを伝授する。

【講座の概要】
▽日時:9月12日(木)12:05?12:50
▽場所:「農業・農村ギャラリー"ミノーレ"」(東京都千代田区大手町1?3?1 JAビル4階)
▽主催:JA全中/協力:JA全農いばらき
▽テーマ食材:さつまいも・春菊・リンゴ
▽講師:小山浩子氏(料理家・管理栄養士)
▽内容:旬の国産野菜を使って、成長著しい子どもの脳を育てる"育脳料理"を作る。

 今回は、脳の発達のためには何を食べさせればいいのかというテーマに加えて、味覚の発達についてのレシピや知識を紹介。味覚の発達のためには、うま味や酸味、苦みなど様々な味に早い段階で慣れさせることが重要なので、これからが旬の「さつまいも」をメインに「春菊」や「リンゴ」を使用した"育脳レシピ"を紹介する。
○春菊とすりおろしリンゴの米粉ポタージュ(実演・試食あり)
○春菊とさつまいもの粉々マッシュポテト(レシピ紹介)
○さつまいもと春菊とお麩のコーンクリームがつなぎのプチハンバーグ(実演・試食あり)
○スティック春巻き(レシピ紹介)
○リンゴとさつまいものストック(実演・試食あり)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る