左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

生産基盤弱体化を懸念-野菜価格低迷に全中会長2020年2月7日

一覧へ

 JA全中の中家徹会長は2月6日の定例会見で現在の野菜価格の低迷について「生産基盤の弱体化に拍車をかけるのではないかと懸念している」と述べ、消費者にとっても中長期的には望ましいことでないと強調した。

キャベツ畑キャベツ畑

 農林水産省が2月4日に公表した1月27日~29日の野菜価格調査結果(全国平均)によると、キャベツは平年比▲42%、レタスは同▲39%、だいこんは同▲31%となどと安値が続いている。

 中家会長は「消費者にとっては野菜が安いことは短期的にはいいことかもしれないが、こうした状況が続けば生産額が減少し生産基盤の弱体化に拍車をかけるのではないかと懸念している。

 中長期的に見ればこのような状態は消費者にとっても決して望ましくない状況になることは明らか。農産物価格は需給バランスで決まる側面もあるが、再生産可能価格で販売されなければ将来的にはこれまでよりも国産農畜産物が十分に供給されないというリスクがある。このことはぜひとも消費者に理解してもらいたい」と訴えた。

 また、平成30年の農業総産出額が4年ぶりに2.4%減となったことについて、野菜価格の下落も一因だとして、野菜の安定生産に向け100万tを超える輸入野菜を国産の置き換えることが必要だと指摘した。

 農水省は「野菜を食べようプロジェクト」を始めたが、JAグループも「お手軽よい食レシピ」として野菜を使った簡単レシピをホームページで公開している。

お手軽よい食レシピ

(関連記事)
キャベツ 平年比4割安-暖冬で野菜価格が下落(20.01.29)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

解説・提言

topへ戻る