野菜・果物 ニュース詳細

2020.01.29 
キャベツ 平年比4割安-暖冬で野菜価格が下落一覧へ

 暖冬の影響で野菜の生育や収穫時期が早まり、野菜価格が下落している。農林水産省が1月28日に公表した1月20日~22日の野菜価格の調査結果では平年比で▲40%~▲5%と下落している。

価格動向調査結果

 調査対象8品目(キャベツ、ねぎ、レタス、タマネギ、トマト、ほうれんそう、はくさい、だいこん)の全国平均価格は前週比で▲11%~0%だが、平年比では▲40%~▲5%となっている。

 このうちレタスは1kg454円で平年比▲40%、キャベツは同131円で同▲39%、だいこんは同134円で同▲27%、はくさいは同▲22%となっている。

 前週にくらべてさらに下落している。平成30年夏は猛暑と少雨による生育不良、落花で出荷が減少し価格上昇、平年比150%を超える品目もあったが、同年10月下旬以降は気温が平年を上回り、31年冬から令和2年冬にかけて野菜は生育・出荷が前進し価格が下落している。

 農林水産省は同日、野菜の消費拡大を図る「野菜を食べよう」プロジェクトを始めた。

価格推移表
【関連記事】
「野菜を食べよう」プロジェクト開始-農水省(20.01.29)
野菜の生育状況及び価格見通し(令和2年2月)(20.01.29)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ