JAの活動 ニュース詳細

2020.02.19 
藤本和美さん、井上美晴さんが最優秀賞 第62回全国家の光大会一覧へ

 (一社)家の光協会は2月18日、福岡市の福岡サンパレスホールで第62回全国家の光大会を開いた。「共感の輪を広げ 育もう協同の心 高めよう協同の力」をスローガンに、全国からJA女性組織のメンバーやJAの役職員など2100人が参集した。

主催者あいさつする中出篤伸会長主催者あいさつする中出篤伸会長


 大会では、「家の光文化賞」や「家の光文化賞促進賞」表彰、記事活用、普及・文化活動の体験発表などを行い、▽組合員の「アクティブ・メンバーシップ」の確立▽食、農、協同組合への理解促進をはかるとともに、SDGsの実現に向けた取り組みをすすめ、地域とともに歩むJAをめざす▽普及活用運動をすすめ、記事活用・文化活動を通じて、協同の輪を広げる──の実践を申し合わせた。

 大会のメインである体験発表では、前日の17日に行った都道府県代表体験発表大会で東・中・西日本地区から選ばれた記事活用の部の6人と、普及・文化活動の部の3人が発表した。


藤本和美さん井上美晴さん添盛文子さん

左から藤本和美さん、井上美晴さん、添盛文子さん

 記事活用の部の最優秀賞の志村源太郎記念賞は福井県JA敦賀美方の藤本和美さんが受賞した。

 普及・文化活動の部の最優秀賞の全国農業協同組合中央会会長賞は神奈川県JAあつぎの井上美晴さんが受賞した。

 また、今回、審査委員会特別賞が沖縄県JAおきなわの添盛文子さんに授与された。

 最後に大会出席者全員で申し合わせ内容を確認し閉会した。


【大会申し合わせ】
 わたしたちは、第62回全国家の光大会で学びあったことを、明日からのJA教育文化活動に活かし、人・組織・地域の幸せづくりをすすめるため、次のことを申し合わせます。

 一、協同することのたいせつさを学び、農協運動に参加・参画する仲間を増やし、組合員の「アクティブ・メンバーシップ」を確立します。

 一、支店協同活動や対話運動をとおして、「食」「農」「協同組合」への理解促進をはかるとともに、SDGsの実現に向けた取り組みをすすめ、地域に貢献するJAをめざします。

 一、『家の光』『地上』『ちゃぐりん』『やさい畑』「家の光図書」の普及活用運動をすすめ、記事活用・文化活動をつうじて、協同の輪を広げます。

 以上、実践することを申し合わせます。


※詳細後日
(関連記事)
協同の力を結集し 人・組織・地域を元気に 第62回全国家の光大会(20.02.27)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ