Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

前回並みの価格維持 徹底した防疫体制の下、牛市開催 JA壱岐市2020年6月11日

一覧へ

長崎県のJA壱岐市は6月1日から3日、壱岐市芦辺町の壱岐家畜市場セリ場で子牛市と成肉牛市を開いた。

防疫体制を継続する中、前回を上回る来場者で活況を呈した牛市(長崎県壱岐市)防疫体制を継続する中、前回を上回る来場者で活況を呈した牛市(長崎県壱岐市)

5月中旬に新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言が解除されてから初となる牛市は、4月に開かれた子牛市の時と同じく、関係機関の協力の下、徹底した防疫体制での開催となった。

子牛市では、2日間で去勢343頭、雌284頭の計627頭の取引が成立。子牛の最高価格は去勢104万6100円、雌88万3300円。平均価格は63万9751円で前回比98.59%となった。

成牛市では162頭の取引が成立し、最高価格は初妊牛の162万9100円。平均価格は54万3862円で前回比83.69%だった。

同JA畜産部の寺尾幸博部長は「生産者の協力を得て計画した防疫体制と、交通機関減便対策などの取り組みが購買者から高い評価をいただき、前回を上回る来場者数となり、前回並みの価格を維持することができた」と話した。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る