Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:プリンスベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

練馬生まれの「金子ゴールデンビール」発売10年でラベル一新 JA東京あおば2020年6月17日

一覧へ

JA東京あおばは、練馬区内で栽培したビール麦を使った「練馬金子ゴールデンビール」が発売から10年を記念し、ラベルを一新。8月31日までの期間限定で旧ラベルと新ラベルがセットになったギフトボックスを同JAの特売所で販売している。

「金子ゴールデンビール」の新ラベル(写真左)と旧ラベル「金子ゴールデンビール」の新ラベル(写真左)と旧ラベル

「練馬金子ゴールデンビール」は、JA初のプライベートブランド(PB)商品として2011年から販売。今年で10年目に入ったことを記念し、ラベルを一新した。

原料の麦「金子ゴールデン」は、初の国産ビール麦として明治33年(1900)、現在の練馬区豊玉の篤農家、金子丑五郎が六条大麦の四国とゴールデンメロンの自然交雑によって生じた雑種の中から育成。早生で草丈が低いため成熟しても倒れにくく、一時は関東一円に栽培が広がり、国産ビール醸造の発展に貢献した。時代の流れとともに姿を消したが、ゆかりの同区で復活させようと、2005年に栽培を始め、今では年間約2トンを生産している。

ペールエールタイプの同ビールは瓶内で二次発酵する「ボトルコンデイション」により、保存年数によって香味が変化。数か月はホップの効いたさわやかさが楽しめ、3~5年熟成させると果実のような味わいに変化する。

価格は1本(330mL)540円。前年度醸造の旧ラベル製品と今年度の新ラベルがセットになった贈答箱入り6本セットは3000円。

問い合わせはJA地域振興部(電話)03・3995・5511。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る