想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

川崎、里崎らが指導 神奈川で「WCBF少年野球教室」開催 JA全農2020年11月16日

一覧へ

王貞治氏が理事長を務める世界少年野球推進財団(WCBF)が主催し、JA全農が特別協賛する「JA全農WCBF少年野球教室」が11月14日、神奈川県相模原市の「サーティーフォー相模原球場」で開かれた。

開校式であいさつする川口講師(写真左)と全農神奈川県本部の中和副本部長開校式であいさつする川口講師(写真左)と全農神奈川県本部の中和副本部長

今年で28年目を迎えた同教室は、元プロ野球選手が講師を務め、毎年全国各地で開催。今年で3回目の相模原教室には、同市の少年野球チーム19チーム、小学生、指導者、保護者ら合計111人が参加。ソフトバンクOBで、現・栃木ゴールデンブレーブス所属の川﨑宗則氏、川口和久氏(巨人OB)、里崎智也氏(ロッテOB)、真中満氏(ヤクルトOB)の4人が野球指導を行った。

開校式では、川口講師が「コロナ禍でもこのような野球教室を開催できるのはありがたい。この教室が一日実りあるものになり、みんなが将来プロ野球選手になれるよう、一生懸命指導するのでよろしくお願いします」とあいさつ。全農神奈川県本部の中和輝彦副本部長は「プロ野球で大活躍された4人の講師から指導を受けれるとても貴重な機会。アドバイスをしっかり聞いてプレーしてください」と子どもたちに呼びかけた。

ウォーミングアップ後は、川﨑講師が走塁の基本をレクチャー。「ベースを踏むときや守備の選手と接触してケガをしないように」などと説明しながら、実技を交え指導した。また、投手、捕手、内野手、外野手のポジション別に分かれ、「投げる」「捕る」「打つ」「走る」などの基本を分かりやすく指導。子どもたちは講師のアドバイスをよく聞き、真剣な表情で取り組んでいた。

バッティングの基本では、真中講師と里崎講師が説明し、バッティングの手本を披露。プロの打球を間近で見た子どもたちから歓声が上がりました。

指導者講習会では、トレーナーの石川慎二氏が、ケガを予防するためのストレッチやトレーニング方法について実技を交えて講義。栄養学教室では、管理栄養士の越野彩氏が、保護者を対象に成長期の子供に必要な栄養や運動時の食事の摂取、国産農畜産物を使用したメニューやレシピ紹介などの講義を行った。

この日の参加者へは、全農神奈川県本部から「湘南ゴールドグミ」や「炒め玉ねぎ」ほか、協賛各社から国産農畜産物などが贈られた。
今後は、11月21日に鹿児島県 日置市の日置市伊集院総合運動公園野球場で、12月5日に愛媛県 松山市のマドンナスタジアムで開催予定。

外野手の指導をする真中講師外野手の指導をする真中講師

◎参加者への提供商品

・焙じ茶(全国農協食品)
・こしひかり2kg(全農パールライス)
・けんちん汁・豚汁用「みんなのやさい」、肉じゃが・カレー用「みんなのやさい」(JA全農青果センター)
・しんたまご(JA全農たまご㈱)
・クリアファイル(JA全農ミートフーズ)
・キーホルダー(全農チキンフーズ)
・北海道牛乳、農協野菜Days 野菜&フルーツ100%(雪印メグミルク)
・湘南ゴールドグミ、炒め玉ねぎ(全農神奈川県本部)

【全農公式Twitter「全農広報部スポーツ応援」】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る