想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

北海道産小豆の魅力を紹介「おいしいはエールプロジェクト第3弾」開始 ホクレン2020年12月2日

一覧へ

ホクレン農業協同組合連合会は12月1日、「“おいしい”はエールProject」の第3弾を開始した。コロナ禍で影響を受けた北海道農業や日々の生活を生産者などの農業従事者やメーカーなど供給者と消費者が、一丸となって乗り越えるための様々なキャンペーンを展開する。

北海道産小豆の魅力を紹介「おいしいはエールプロジェクト第3弾」開始 ホクレン

特別サイト「"おいしい"はエールProject」では、生産者の小豆生産にかける思いを発信。また、和菓子・あんこ好きな消費者の代表としておはぎを年間1100個食べ歩く安井友梨氏が和菓子とあんこの魅力を語る。さらに、管理栄養士で食生活コンサルタントの「浅野まみこ」氏による、健康面から小豆・あんこの効能・栄養を紹介する。

また、同プロジェクトの公式インスタグラムでは、2021年1月31日まで、消費者おすすめの「わが街自慢の和菓子」や「手土産にピッタリの和菓子」など、小豆を使った和菓子をインスタグラムに投稿するキャンペーンを実施。抽選で500人にホクレンの商品をプレゼントする。

同キャンペーンで投稿された和菓子は、HTB北海道テレビ発の人気バラエティ番組「水曜どうでしょう」のディレクターらが開設したYouTubeチャンネル「藤やんうれしーの水曜どうでそうTV」で出演者2人が実食し、その模様を2021年2月に放送予定。

<#アズキのキヅキ インスタキャンペーン概要>
応募期間:12月1日~2021年1月31日24時まで。
応募方法:"おいしい"はエールProject公式インスタグラムをフォローし、食べる前に、イチオシの和菓子やわが街自慢の和菓子商品などを写真に撮って自身のインスタグラムにキャンペーンのハッシュタグをつけて投稿する。

■キャンペーンのハッシュタグ(下記の2つが必要)
(1)#アズキのキヅキ
(2)#おいしいはエール、もしくは、おいしいはエールプロジェクト

賞品
A賞...ホクレンセレクト ラベンダーコース(50人)※北海道の豊かな味わいを厳選。好みの商品を選べる

B賞...ホクレン小豆250g(450人)
※北海道産小豆と豆読本「まめえらび」をセットで。

【“おいしい”はエールProject公式インスタグラム】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る