想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー・SP・BASF:コテツフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

地産地消テーマにJA食農フォーラム2020を開催 JA岐阜中央会2021年1月26日

一覧へ

JA岐阜中央会は1月16日、オンラインイベント「JA食農フォーラム2020」を開いた。新型コロナウイルス感染症の拡大で、おうち時間や家庭内調理の機会が増えるなか、食卓から生まれる笑顔と健康づくりを提案するとともに、地域の生産者の応援にもつながる地産地消を呼びかけた。

食農フォーラムの様子食農フォーラムの様子

同フォーラムはこれまで、岐阜市内のイベントホールで開催してきたが、新型コロナウイルス感染症の再拡大や県独自の非常事態宣言の発令を受け、初のユーチューブライブによるオンライン配信に変更した。

当日は岐阜で活躍する地産地消のスペシャリストとして、岐阜市で「食べることは生きること」をテーマに食育活動などに取り組んでいる「ほっぺの会」代表の伊藤恵氏と、池田町でレストランと料理教室「山のアトリエ neshian」を姉妹で経営している大野ひろみ氏、本田ゆみ氏をゲストに招き、同県産の旬の食材を使った料理レシピを披露。野菜の栽培方法から栄養素、食文化について紹介した。

主催者であるJA岐阜中央会の櫻井宏会長も加わった後半のトークセッションでは、新型コロナウイルス感染症の影響により、小麦粉などが店舗の棚から消えたことで注目された食料自給率や地産地消についてトークを展開。普段の食生活に地産地消を取り入れることで、Withコロナの新たな生活様式を取り入れながら、家族の笑顔と健康づくりにつなげ、地元の農業の応援につなげてほしいと話し合った。

(動画)

【JA食農フォーラム2020 身体にいい食~コロナだから学ぶ、地産地消の大切さ~】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る