Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原ヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JA紀南の職員がグランプリ お菓子男子コンテスト2021年4月28日

一覧へ

和歌山県JA紀南加工部の岡﨑誠さん(25)が「お菓子男子コンテスト」でグランプリを獲得した。4月26日分かった。同JAがこの4月に発売を始めたドライフルーツ「すもも」のPRに、JAグループとしては唯一エントリーし、JA紀南とドライフルーツをアピールした。

すもものドライフルーツをアピールする岡﨑さんすもものドライフルーツをアピールする岡﨑さん

ドライフルーツ「すもも」PR

コンテストは、菓子卸流通業「山星屋」(本社・大阪市)が運営する情報メディア「お菓子と、わたし」が初めて企画したイベント。菓子メーカーの男性社員の活躍や菓子の魅力を発信するのが狙いで、大手菓子メーカーを含め、全国30社の男性社員が参加。岡﨑さんは、JA紀南の人気商品であるドライフルーツに、今年の4月、みかん、れもんと共に新しく加わった「すもも」のPRで参加した。

3月26日~4月18日の間、1人1日5人までの選択で1万5325票の投票があり、岡﨑さんの獲得票が最も多かった。岡﨑さんはドライフルーツのほか、営業でJA特産の紀州梅干しなどの加工品を全国のスーパーや量販店などを回っており、「これからは"お菓子男子"を前面にだして取引先にアピールしていきたい」と意欲を燃やしている。

最新の記事

シンジェンタアファーム:SP

DiSC:SP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る