Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

三重県多気町に米の専門店オープン 国産米の魅力を発信 JA全農2021年7月9日

一覧へ

JA全農は7月20日に、三重県多気町にオープンする米がテーマの専門店「豊農米蔵(ほうのうこめぐら)produced by AKOMEYA TOKYO」で、国産米の消費促進を目的としたプロモーションを開始する。

店舗外観店舗外観

「豊農米蔵 produced by AKOMEYA TOKYO」の店舗では、三重県・多気町・地元大学の産学官連携で取り組んでいる「三重故郷創生プロジェクト」の事業会社・ヴィソン多気(株)((株)アクアイグニス、イオンタウン(株)、ファーストブラザーズ(株)、ロート製薬(株)の4社合同会社)が、ごはんのおいしさを楽しめる飲食・物販事業を実施。

また、全国でライフスタイルブランドを展開する(株)サザビーリーグがプロデュースに参画。同社のAKOMEYA TOKYOブランドとJAグループがコラボしたデザイン性の高い店内で、米関連商品を販売しながら、"日本のお米"や"米食文化"の素晴らしさと、日常的な米の消費拡大に向けた情報を発信する。

米を「究極に楽しむ」メニューを提供米を「究極に楽しむ」メニューを提供

店舗で提供する食事は、「お米をおいしく味わう究極のメニュー」をテーマに、テイクアウトメニューを開発。米は伊勢神宮外宮にも奉納されている地元三重県のお米「結びの神」を使用。厨房内の羽釜で毎日丁寧に炊き上げ、AKOMEYA TOKYOでも人気の高い「卵の黄身のづけ」を載せた「づけたまごはん」などを提供。季節折々の漬け物や店内で購入できる「ごはんのおとも」等、こだわりのおかずと一緒に楽しめる。

また、家庭でもお米をおいしく楽めるよう、精米や米関連のこだわりの調理器具も合わせて販売。さらに、稲わら細工づくりや田植え・収穫体験等、稲作や「米蔵」の雰囲気を味わえるイベントも企画している。
今回の事業は、JAグループの推進する「みんなのよい食プロジェクト」の一環として実施。店舗内外で米の魅力を存分に伝え、「よい食」を考えるきっかけを来場者に提案していく。

【店舗概要】
住所:〒519-2170 三重県多気郡多気町ヴィソン672番1 旨味17

店舗面積:111.0㎡

取扱商品:米・食品・雑貨 / Rice Grocery・Kitchen & Dining

店舗直通電話番号:0598-67-9952

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る