Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

コロナ対応で報告 病院・施設の対策 日本文化厚生連2021年7月13日

一覧へ

日本文化厚生連(文化連)は、7月8日、オンラインによる会員単協常勤役員・参事合同会議を開き、「コロナ対応と今後の課題」についての特別セッションを行った。全国厚生農協連(JA全厚志連)の病院と、JAの福祉施設のコロナ対策の報告と意見交換を行い、アフター・コロナの医療・福祉の取り組み課題を探った。

報告したのは茨城県厚生連とJA兵庫南。茨城県厚生連は、県内の6病院を持ち、土浦協同病院を中心に、6月までにコロナ入院患者673人と、県内の医療機関として最も多くの患者を受け入れてきた。同県では昨年の1月、JAとりで総合医療センター(旧取手協同病院)で医療スタッフに感染者が出たこともあり、院内クラスター発生防止を徹底した。

このため2月には、感染防止の司令塔となるCOVID-19中央会議を立ち上げた。院内各部門の中心メンバーがすべて参加する会議で、外来・入院患者の対応に当たり、緊急入院の患者には、原則個室で管理し、陰性と判断されるまでは大部屋に移さないなど、感染防止を徹底した。

同県厚生連の酒井義法理事長は院内でクラスターが発生したときは、タクシーも寄り付かず、自動販売機の補充もこないなど、差別への対応が大変だった。中央会議をもとに、情報の共有を徹底したことが功を奏した」と報告した

単協の取り組みで報告したJA兵庫南は、デイサービスやサービス付き高齢者向け住宅など、3つの施設を運営。コロナ禍対策では、施設内のコロナ対策を家族に伝えて安心してもらうとともに、来所ボランティアの中止に対応し家族の協力を求めた。また特定施設入居者の家族面接には、スクリーン越しやリモートを利用するなど、感染防止に努めた。

施設入所者の看取りにも対応。同JAの野村隆幸専務は「施設内で7人が亡くなったが、家族が出席できず、職員が最後を看取った。エンディングノートを書いてもらうなど、できる限りのことをして家族に喜ばれた」という。このほか、コロナ禍を乗り越えるための福祉活動として援農ボランティアや農福連携の取り組みなどを報告した。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る