Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

全農杯全日本卓球選手権 ホープス・カブ・バンビの部で男子日本一決定2021年7月26日

一覧へ

JA全農が特別協賛する「全農杯2021年全日本卓球選手権大会(ホープス・カブ・バンビの部)」が7月22日~25日、神戸市のグリーンアリーナ神戸で開催。25日に男子の決勝戦が行われ、ホープスの部で川上流星選手(新発田ジュニア)、カブの部では柴田洸選手(STライトニング)、バンビの部では柴田優星選手(STライトニング)が優勝した。また、吉田蒼選手(上越ジュニア)がフェアプレー賞を受賞した。

ホープスの部 表彰式ホープスの部 表彰式

JA全農は卓球競技をサポートし、子どもたちの健やかな心身の成長と未来の夢を応援するため、平成25年度から同大会に特別協賛し、大会と出場選手を「ニッポンの食」を通じて応援している。

表彰式では、選手の健闘をたたえ、今後のさらなる活躍を願って、1位から3位までの選手にJA全農の野口栄代表理事専務から、東北6県のお米と、全農が運営する産地直送通販サイト「JAタウン」に掲載されている国産黒毛和牛を贈呈。また、フェアプレー賞として全農徳島県本部から、徳島県産のすだちを使った飲料「ザすだち」と、全農所属の石川佳純選手からの「ナイスフェアプレー!」というメッセージ入りの直筆サイン色紙を贈った。

会場内の「全農ブース」では、副賞のほか、出場選手から卓球ニッポンの選手への応援メッセージを書いた卓球ラケット型の絵馬を展示。大会期間を通じて計240枚の絵馬が集まり、中には「日本がんばれ ぼくもがんばる」、「にっぽんだいひょうになる!せかいで1いになるぞ」といったメッセージが書かれ、未来の卓球ニッポンとなる子どもたちの熱い思いが込められていた。また、絵馬を持ってきた選手には新潟県産米「新之助」パックごはんをプレゼントした。

なお、同大会の開催を記念して、全国大会の入賞選手に贈呈する副賞と同じ商品を計6人にプレゼントするキャンペーンを7月31日まで実施中。賞品は、国産黒毛和牛500g、東北6県のお米詰合せセット(東北六県絆米セット)、徳島県産のすだちを使用した飲料「ザすだち」1ケース。応募方法は、「全農広報部 スポーツ応援」ツイッターアカウントをフォローし、該当ツイートをリツイート。当選者にはツイッターのDMで連絡される。

卓球ニッポンへの応援メッセージを綴る絵馬の展示に参加する選手たち卓球ニッポンへの応援メッセージを綴る絵馬の展示に参加する選手たち

■副賞一覧
・優勝
東北6県のお米詰合せセット120kg+国産黒毛和牛1kg
・2位
東北6県のお米詰合せセット60kg+国産黒毛和牛1kg
・3位
東北6県のお米詰合せセット30kg+国産黒毛和牛1kg
・フェアプレー賞
徳島県産すだち使用「ザすだち」1ケース+石川佳純選手直筆サイン色紙

【「全農広報部 スポーツ応援」ツイッターアカウント】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る