Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

静岡県産クラウンメロンの高果汁サワー発売 JA全農2021年7月27日

一覧へ

JA全農は静岡県温室農業協同組合クラウンメロン支所、JA静岡経済連と共同開発した「静岡県産クラウンメロンサワー」を7月28日から発売する。

「静岡県産クラウンメロンサワー」「静岡県産クラウンメロンサワー」

静岡県では、1921年に袋井市で温室メロンづくりが開始され、1964年から「クラウンメロン」のブランド名で販売している。

一般的なメロンは、1本の木に2~4個のメロンの実を育てるが、同県生まれのクラウンメロンは、1本の木から1つの実しか育てない「一木一果」と呼ばれる方法で栽培。これにより、メロンの栄養やおいしさが1つの実にギュッと集まったクラウンメロンが出来上がる。

新商品はクラウンメロンの良さを引き出し、今までにない高果汁サワーの商品化に向け3者で協議を実施。コロナ禍の影響を受け、百貨店などの贈答向けの販売が減少している一方、従来は破棄せざるを得なかった規格外のクラウンメロンを加工用として使用することで、生産者の所得向上を目指している。

さらに、一般流通には向かない規格外品を商品化につなげていく取り組みは、持続可能な開発目標SDGsの「9 産業と技術革新の基盤をつくろう」「12 つくる責任つかう責任」「15 陸の豊かさも守ろう」の達成にも貢献している。

同商品はクラウンメロンのピューレ果汁を6%使用。果汁率にこだわることで、豊潤な甘味と気品あふれる香りを引き出した。アルコール度数3%。内容量340ml、198円。

この商品は静岡県、愛知県、三重県、岐阜県のセブン‐イレブン約2100店で先行販売する。また、セブン&アイグループのイトーヨーカドー(静岡エリア)、ヨークマート、シェルガーデンでの販売も予定している。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る