Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
ベリマークSC:FMC(SP)センター

神奈川県産オリジナル柑橘で「湘南ゴールドサワー」新発売 JA全農2021年9月27日

一覧へ

JA全農は、神奈川県産オリジナル柑橘「湘南ゴールド」のストレート果汁を10%使った「湘南ゴールドサワー」をかながわ西湘農業協同組合と共同開発し、9月29日に発売する。

「湘南ゴールド」は、神奈川県農業技術センターが12年の歳月をかけて研究開発し、2003年に品種登録された柑橘。同県西部で以前から栽培されていた「黄金柑(ゴールデンオレンジ)」と温州みかん「今村温州」の掛け合わせから生まれるさわやかな独特の香りと、甘さと酸味のバランスに優れた品種で、主に3~4月に販売される。

「湘南ゴールドサワー」大きさは温州みかんよりやや小ぶりで、果皮の油胞に香りが閉じ込められた「湘南ゴールド」。そのまま食べるだけでなく、芳醇な香りを生かして、和食、洋食、菓子など多様な料理に応用されており、新商品は「湘南ゴールド」の良さを引き出し、今までにない高果汁のサワーとして商品化した。アルコール度数7%の「湘南ゴールドサワー」は、果汁率にこだわることで、爽やかな香りと甘酸っぱい味わいを引き出している。

開発にあたっては、生産者の所得向上をめざし、果皮表面の病害虫による障害やキズの度合いなどによって生果販売に適さない「湘南ゴールド」を加工用として使用。この生果販売に適さない「湘南ゴールド」を有効利用する取り組みは、SDGsの目標「9 産業と技術革新の基盤をつくろう」、「12 つくる責任つかう責任」「15 陸の豊かさも守ろう」に資する活動として行われている。小田原市、相模原市、藤沢市、横須賀市など、神奈川県内のセブンイレブン約700店での先行販売を予定。「湘南ゴールド サワー」(340ml)は、198円(税別)。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る