ヘッド:輸出米マッチングフェア2021SP
ベリマークSC:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

鳥取県産柿「輝太郎」フェア開催 みのりカフェ・みのる食堂エキエ 広島店で JA全農2021年10月5日

一覧へ

JA全農は10月5日~24日、直営飲食店舗「みのりカフェ・みのる食堂エキエ広島店」で、鳥取県産柿の新品種「輝太郎(きたろう)」フェアを実施する。

鳥取県産柿の「輝太郎」鳥取県産柿の「輝太郎」

新品種の鳥取県産柿 「輝太郎」は、2010年3月に品種登録された鳥取県が誇るブランド柿。収穫時期は9月下旬~10月中旬と早い時期から出荷が始まる。糖度の高い甘柿で、1玉が約300グラムの大玉で上品な甘さが楽しめる。ネーミングの「輝太郎」は、漫画「ゲゲゲの鬼太郎」の作者・水木しげるが鳥取県出身であることに由来しており、「ゲゲゲの鬼太郎」と「輝太郎」がコラボしたポスターでPR活動を行なっている。

輝太郎柿のデラックスパフェ輝太郎柿のデラックスパフェ

同フェアでは、みのりカフェで、「輝太郎」柿の糖度が高くしっとりとしたなめらかな食感を楽しめるよう、大ぶりにカットした果肉を贅沢に使ったパフェを用意している。「輝太郎柿のデラックスパフェ」は「輝太郎柿ジュース」付きで1320円、「輝太郎柿のパフェ」は550円。また、みのる食堂では、全定食の小鉢に「輝太郎柿のデザート」が付く。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る