2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:モーティブ
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

「全農杯2022年全日本卓球選手権大会」小学生以下のホープス・カブ・バンビの部が開幕2022年7月29日

一覧へ

「全農杯2022年全日本卓球選手権大会(ホープス・カブ・バンビの部)」が7月28日、神戸市のグリーンアリーナ神戸(神戸総合運動公園)で開幕。同大会に特別協賛するJA全農は、出場選手を「ニッポンの食」で応援する。

カブの部に出場する木原選手が選手宣誓カブの部に出場する木原選手が選手宣誓

同大会は、各都道府県大会を勝ち抜いた卓球少年・少女約1000人が、ホープス(小学6年生以下)、カブ(同4年生以下)、バンビ(同2年生以下)の各種目の頂点を決定。歴代の卓球日本代表選手もこの大会に出場しており、世界への登竜門といえる大会となる。

7月28日に行われた男子の開会式では、JA全農広報・調査部の山口文経次長が「成長期にあたる皆さんにとって、栄養のバランスのとれた食事をとることはとても大切。しっかりご飯を食べて海外でも活躍できる立派な選手になってください」と選手たちにエールを送った。また、出場選手を代表して兵庫県の小学3年生、木原寿馬選手(ALL STAR)が選手宣誓を行い、「日頃の練習の成果を発揮し、正々堂々プレーすることを誓います」と大会への意気込みを述べた。

全農は卓球競技をサポートし、子どもたちの健やかな心身の成長と未来の夢を応援するため、平成25年度から同大会に特別協賛。大会と出場選手を「ニッポンの食」を通じて応援している。4~5月に全国各地で開かれた都道府県大会にも、各地の特産品などを副賞や参加賞として提供。その商品の合計は、精米が約2.7トン、肉類が約131キロ、加工品等が107品目にのぼる。

全国大会では各種目の上位入賞の選手に、副賞として全国の人気の銘柄米を月替わりで届ける「日本を食べよう『銘米』コース」合計約1.5トンと、徳島県産すだち果汁を使った柑橘飲料「徳島すだち微炭酸」を提供する。

開会式の様子開会式の様子

大会期間中は、会場内で「全農ブース」を展開し、全農所属の石川佳純選手が監修した「石川佳純カレー」と「石川佳純牛丼」を販売。また、石川選手も出演している全農の新CM「つながる食卓」をモチーフにしたフォトスポットの設置やクイズ企画などを行い、正解者には全農の商品ブランド「ニッポンエール」の「神奈川県産湘南ゴールドグミ」をプレゼントする。ブースに設置したモニターでは石川選手から出場選手への応援メッセージ動画を放映する。

また、全農広報部 公式ツイッター「全農広報部 スポーツ応援」では、同大会の開催を記念したプレゼントキャンペーンも実施している。

【全農杯ホカバ 開催記念キャンペーン】

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る