2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
FMCプレバソンSP

乃木坂46とJAグループの「推します、国消国産。」新ビジュアルで展開開始 JA全中2022年8月26日

一覧へ

JA全中は、JAグループが提起する「国消国産」への理解をより醸成するため、乃木坂46を起用したメッセージ発信を新ビジュアルで展開。肉や野菜など"推し食材"を担当するメンバーを入れ替え、8月26日~2023年5月31日までの期間、特設ウェブサイトや新聞広告などを展開する。

新聞広告ビジュアル新聞広告ビジュアル

「国消国産」は、「『国』民が必要とし『消』費する食料は、できるだけその『国』で生『産』する」というJAグループが提起する考え方。

JA全中は、特に若年層に向けて、「自分たちが食べる食料は、できるだけ自分たちの国でつくる」という「国消国産」に関する理解醸成を進め、日本の食や農業の現場などを知り、国産農畜産物の魅力を再発見することにつながるよう、2020年12月から、特設ウェブサイトを中心に展開。乃木坂46は、コロナ禍に加えて不安定な社会情勢の中、肥料や飼料、燃料なども高騰し、厳しい環境下にある日本の農業・農村を応援するため、同企画に協力している。

乃木坂46メンバーで、お米が「推し食材」の秋元真夏さんは、「料理大好きな私は、白米に合うおかずを作ってお米をたくさん食べています!お米がない献立は考えられません。でも、日本人のお米を食べる量が減ってきていると聞きました...。お米は体を作り、エネルギーにもなり、脳の働きも活発にしてくれます!元気に毎日を過ごすには、やっぱりお米‼」と応援メッセージを送っている。また、「推し食材」で新たにお肉を担当することになった賀喜遥香さんは「今回、大人気のお肉担当になりました、賀喜遥香です。特に焼肉のタンが大好きです。農家さんが愛情をかけて育てた国産のお肉は、海外でもすごく人気があると聞きました。ステーキ、とんかつ、ハンバーグ...思い出すだけで食べたくなっちゃいます。たんぱく質が豊富なお肉で、元気いっぱいにがんばります!」と意気込みを語っている。このほか、「推し食材」の担当は、齋藤飛鳥さん(お花)、山下美月さん(お茶)、与田祐希さん(野菜)、久保史緒里さん(牛乳)、梅澤美波さん(果物)。

また、新聞広告では、8月26日付の朝日新聞全国版朝刊で15段カラー広告を掲載した。

特設ウェブサイトビジュアル特設ウェブサイトビジュアル

【特設ウェブサイトURL、QRコード】

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る