人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
JA全中中央SP

「JA全農チビリンピック2023」小学生サッカー日本一は「レジスタFC」2023年5月8日

一覧へ

JA全農が特別協賛した「JA全農チビリンピック2023」が5月3日~5日、横浜市の「日産スタジアム」で開催。約8000人が来場し高橋尚子さんら豪華ゲストとともにスポーツを楽しんだ。また、期間中に開かれた「JA全農杯全国小学生選抜サッカー決勝大会」では、レジスタFC(埼玉県)が優勝した。

4年ぶりに開かれた同イベントは、スポーツを通じて子どもたちの健やかな心身の成長と親子のふれあいを応援することを目的に開催。シドニー五輪マラソン金メダリストの高橋尚子さんをはじめ、元サッカー日本代表の北澤豪さんなどスペシャルゲストも参加し、出場選手たちとふれあいながらスポーツを楽しんだ。

参加者とスポーツを通して交流する高橋さん参加者とスポーツを通して交流する高橋さん

期間中は好天に恵まれ、トラック競技(親子マラソン、50m走、100m走、ミニマラソン)、「小学生卓球選手権大会」に新競技の「一輪車」を加えた全7種目が行なわれ、子どもたちの真剣なプレーに会場から大きな拍手が送られた。また、一輪車競技では参加者の注目を集め、好記録が出た。

一方、5月3日から行われた「JA全農杯全国小学生選抜サッカー決勝大会」は各都道府県の予選、ブロック大会(北海道・東北・関東・北信越・東海・関西・中国・四国・九州)を勝ち抜いた16チームが日産スタジアムに集結。8人制サッカーの日本一を目指して熱戦を繰り広げられ、決勝戦はレジスタFCとDREAM FC(大阪府)による激闘の末、レジスタFCが優勝した。

「JA全農杯全国小学生選抜サッカー決勝大会」はレジスタFCが優勝「JA全農杯全国小学生選抜サッカー決勝大会」はレジスタFCが優勝

表彰式では各種目の入賞者へJA全農の安田忠孝代表理事専務から副賞として、「黒毛和牛焼肉用」や「国産素材使用煮物にぴったりどんこ」、北海道産米「ゆめぴりか」、新潟県産米「新之助」などを贈呈。また、各種目の参加者へ、インスタントごはん、クリアファイル、Apron(5月号)などを渡し、子どもたちを激励した。

日産スタジアム西ゲート前広場では「全農お楽しみ広場」として全農の商品ブランドである「ニッポンエール」商品や神奈川県産飲料を販売し、当日のイベントの様子をSNS投稿すると参加できる抽選会も実施。また、ゲストによるステージイベントでは来場者が親子でクイズ大会に参加するなど大いに賑わった。

「JA全農杯全国小学生選抜サッカー決勝大会」決勝戦の様子は主催の日刊スポーツ公式YouTubeでアーカイブ配信している。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る