左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SPヘッダー:石原バイオサイエンス・クロスアウトフロアブル
FMCプレバソンPC
2・SP:朝日アグリア・エコレット

なかやまきんに君が和牛応援団長に就任「ちょっといい日に和牛をたべよう!」キャンペーン実施 JA全農2023年11月29日

一覧へ

JA全農は、11月29日の「いい肉の日」を機に、「ちょっといい日に和牛をたべよう!」を合言葉に和牛消費喚起キャンペーンを展開。和牛応援団長にタレントのなかやまきんに君を起用し、消費者や生産者に熱いエールを送る。

なかやまきんに君が和牛応援団長に就任「ちょっといい日に和牛をたべよう!」キャンペーン実施 JA全農

物価上昇等の影響により、消費者の生活防衛意識が高まる中、食肉消費は牛肉から豚肉や鶏肉に移行し、中でも高級品のイメージが強い和牛の需要が縮小している。一方、生産コストの高止まりが肉牛生産者の経営を直撃しており、とりわけ子牛を生産する繁殖経営は深刻な状況に陥っている。

全農はこれまで国やJAグループが進めてきたさまざまな生産基盤対策の強化・拡充に加え、「ちょっといい日に和牛をたべよう!」を合言葉に、なかやまきんに君を和牛応援団長へ起用し、消費者や生産者に熱いエールを送る和牛消費喚起キャンペーンを展開する。

同キャンペーンの一環で行われる企画として、JA全農の産直通販サイト「JAタウン」では、和牛とカセットガススモークレス焼肉グリル「やきまるⅡ」の特別セットを販売。12月15日までの期間限定で先着500人にプレゼントする。また、全農グループ直営の飲食各店舗では12月末までお得なフェアを展開する。

各地のJA、県組織においても個別にさまざまな取り組みが進められる中、同キャンペーンでは、「和牛=高級」というイメージを払拭し、もっと身近に食べてもらえる企画を実施。小売りにとどまらず、eコマース、外食等、チャネルを横断して展開する。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る