人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

農政 変わるチャンスへ動く年に JA全青協通常総会2024年5月17日

一覧へ

JA全青協(全国農協青年組織協議会)は東京・大手町のJAビルで第71回通常総会を開き、2024年度活動計画や新役員などを承認した。

JA全青協の通常総会JA全青協の通常総会

稲村政崇会長は、基本法改正に向けて国会で審議されていることをふまえ「きちんとウォッチしなければならないが農政が変わるチャンスだ。10月には第30回JA全国大会が開催され、全青協は70周年を迎える。これらを他人事だとして蚊帳の外にいるなら農業情勢は変わっていかない。高い意思と意欲を持って行動する農業者が増えれば農業情勢は良くなっていく。その先頭に立っていくのがJA青年組織だ」と述べて盟友に期待を寄せた。

今年度は令和5年度から7年度までの中期活動目標の中間年度であり、目標が確実に達成できるよう「基本項目1 自助」、「基本項目2 共助」、「基本項目3 公助」の3つに引き続き取り組む。

「自助」ではポリシーブックを用いた学習と自己のスキルアップや、農協運動におけるJA青年組織人材育成研修の実施など、盟友の成長に向けた研修会の実施や参加に取り組む。また、仲間づくりとして未加盟組織への働きかけ、新規盟友の加入促進なども行う。

「共助」では「青年理事・組織リーダー経営セミナー」の開催などJA経営への参画、JA全国連への経営参画、JF漁青連との意見交換などを行う。

「公助」ではポリシーブックを用いた政策提言、議員や行政との意見交換などを行う。

今年度はJA全青協創立70周年の節目であり、第71回JA全国青年大会と合わせて記念セレモニーを実施する。

同日の総会で新体制が発足。酒井雅博新会長は、基本法改正やJA全国大会など新たな動きが見込まれる年度となるなか「われわれは動く組織。自分事として考え動くことによって、全国の盟友に伝わりJAに伝わり、国に伝わっていく」と行動する決意を示した。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る