JAの活動 シリーズ詳細

シリーズ:ヒント&ピント ~JAの広報誌から~

2019.02.06 
【ヒント&ピント】伝えよう!JAの自己改革7一覧へ

 新年号の定番は役員の年頭のあいさつ、年男・年女の紹介などだが、JAにとって3月のJA全国大会、5月までのJA改革の推進期間と、大きな節目の年になる。その意味で、「めでたさ」も半分くらいにして、あらためてJA改革をメインに取り上げた広報誌を紹介する。

◆「本気 実践中!」
JAあきた北「あきた北」
「本気 実践中!」 JAあきた北「あきた北」
 米地帯では、農業所得を得るには園芸作物に挑戦しているJAが多い。JAあきた北もそうで、枝豆、アスパラなどを定着させている。これに合わせ、最重点推進品目と推進品目を写真で大きく紹介。細かい説明は抜きにして「JA自己改革―本気実践中!」のタイトルが目をひく。

(画像をクリックすると大きな画像が表示されます。以下、同じ。)

 

 

数値で「見える化」
JA兵庫六甲「Wave Rokko」
数値で「見える化」  JA兵庫六甲「Wave Rokko」
 自己改革の第4次5か年計画「'21ビジョン」が3年目を迎え、その達成状況を数値で紹介。例えば神戸市内に設けた都市型直売所を起点とした販売先9件、都市農業振興基本法関係の研修会37回など。計画は節目ごとに中間総括してこそ、成果が期待できる。できれば当初目標と達成率の数値もほしい。

 

 

 

 

 

すごろくで楽しく
JAならけん「まほろば」
すごろくで楽しく  JAならけん「まほろば」
 自己改革のすごろくを紹介。JAの事業や活動を織り込みながら、途中のマスには「奈良県の特産品を言えたら2つ進み、言えなかったら1つもどる」「本紙クロスワードパズルに応募して2つ進む」などがあり、QRコードからダウンロードして、JAグループへアクセスしてもらうなどの工夫もある。

 

 

本シリーズの記事一覧は下記リンクよりご覧下さい。

【ヒント&ピント ~JAの広報誌から~】

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ