人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

JAの活動:今村奈良臣のいまJAに望むこと

【今村奈良臣のいまJAに望むこと】第85回 JA-IT研究会第50回記念公開研究会の紹介と講話ならびに討議2019年5月18日

一覧へ

今村奈良臣・東京大学名誉教授

記念講演Ⅳ
「縮小再編過程の日本農業におけるJAの期待」
東京大学大学院農学生命科学研究科 教授 安藤光義

 

3.日本農業の構造変動の方向-崩壊か?構造再編か?
 (1)2010年センサスは、日本農業の相異なる2つの側面を示した
 崩壊・解体の一層の深化か、それとも構造再編の進展か?
 農家数・農業労働力の減少、農家労働力の減少は止まらない。農家数は10%以上の減少が続く(2005~2010年は16.9%減少と非常に高い。表-1参照)。しかし、専業農家は増加に転じているがこの点はあとでふれる。

  

第85回 今村奈良臣のいまJAに望むこと 表1 

 (2)農業就業人口も20%以上の減少、さらに基幹的農業従事者数も10%近い減少を示している(表2)。

 

第85回 今村奈良臣のいまJAに望むこと 表2 

 (3)農業就業人口についてみると、(表3及び表4参照)、農業就業人口の約半分が70歳以上であり、基幹的農業従事者数の3割以上が75歳以上となっている。

 
第85回 今村奈良臣のいまJAに望むこと 表3

 第85回 今村奈良臣のいまJAに望むこと 表4 

(4)しかし、農業経営体の経営耕地面積の減少率は1~2%前後となり、小さくなった(表5参照)。

 

第85回 今村奈良臣のいまJAに望むこと 表5 

 以上の統計から読みとれることは、農家数、農業労働力ともに大きく減少したが、農地面積の減少は微減にとどまっており、その点からみると構造再編、つまり規模拡大しつつあるすぐれた経営が増えていることを意味すると考えることができる。

 

本シリーズの記事一覧は下記リンクよりご覧下さい。

今村奈良臣・東京大学名誉教授の【今村奈良臣のいまJAに望むこと】

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る