JAの活動 シリーズ詳細

シリーズ:ヒント&ピント ~JAの広報誌から~

2019.08.09 
【ヒント&ピント】定番の総代会 見せる工夫を一覧へ

 6月の総代会シーズンが終わり、各JAの7月号はこの報告中心の紙面づくりが多い。毎年定番の記事だが、それだけに前年踏襲でなく一工夫も二工夫も欲しい。当協会に送っていただいている広報誌の中から、特徴ある紙面づくりを選んだ。

◆動きのある写真で
JA会津よつば「よつば」(福島県)

JA会津よつば「よつば」

 写真のアングルがよく、記事とのバランスのとれたレイアウトになっている。普通はひな壇の役員と総代会の横幕を入れたくなるが、思い切ってカットしている。その分はタイトルで示せばいいだけで、こだわる必要はない。欲を言えば前列の空き席が気になる。組合長のあいさつも"割愛"し、表彰された部門別の生産販売高優良組合員を紹介している。


◆見出しにも動きを
JA庄内みどり「みどり」(山形県)

JA庄内みどり「みどり」

 平凡になりがちな総代会記事は写真とともに見出しで読者を引きつける必要がある。
 「第○会総代会」で終わっている広報誌が多いが、これはタイトルであって見出しではない。「親しまれるJAを目指して 新執行体制始動」には、誰が(Who)、何を(What)、どうした(How)が含まれている。リード文もルールに則っている。


◆視覚へアピールも
JA東京スマイル「ほほえみ」

JA東京スマイル「ほほえみ」

 総代会の内容を分かり易く整理してある。総代会資料をしっかり読み込む人は多くないと思われるが、それだけに広報誌では、読者の視覚に訴える誌面づくりも必要である。その点で、経営状況や決議事項などを、項目ごとにくくっているのがよい。ただ、右面の文章は、もっと行変え、段落を増やして読みやすくしたい。また、広報誌は限られた紙面だが、なるべく多くの組合員に登場してもらいたい。その意味で表彰者の写真だけというのは寂しい、せめて名前くらいは欲しい。


本シリーズの記事一覧は下記リンクよりご覧下さい。

【ヒント&ピント ~JAの広報誌から~】

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ