Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
ベリマークSC:FMC(SP)センター

JAの活動:JAアクセラレーターがめざすもの

キーワードは「連携」 JAアクセラレータープログラムがめざすもの2020年9月15日

一覧へ

JAグループのさまざまな事業と、技術やアイデアを持ったスタートアップ企業などをむすびつけ社会課題の解決をめざすアグベンチャーラボは全中、全農、農林中金などが2019年5月に開設し運営している。このアグベンチャーラボの中核となっているのが「JAアクセラレータープログラム」だ。スタートアップ企業と既存企業がお互いの不足経営資源を補完し合い、単独では創出できないイノベーションを数多く創出することをめざす。プログラムはインキュベーション(新規事業の創造)、ソリューションマッチング(事業連携)、実証実験の3つのステージで構成され、スタートアップ企業とJAグループが連携して事業化を促進する。第2期の参加応募は171件あり、2020年5月に8社が優秀賞を受賞しJAアクセラレータープログラムの正式な参加が決まった。8社がめざすことを聞く。

【JAアクセラレーターがめざすもの】

日本の農業基幹システムめざす アグリハブ 伊藤彰一CEO

アグリハブ社 伊藤彰一CEO


「見える化」で生産者応援 テラスマイル 生駒祐一代表取締役

テラスマイル 生駒祐一代表取締役

AIと収穫ロボットで人手不足を解決 AGRIST 高橋慶彦取締役COO

AGRIST 高橋慶彦取締役COO

野菜の粉砕技術で廃棄ゼロめざす greenase 石川慎之祐代表取締役社長

greenase 石川慎之祐代表取締役社長

労力不足解消へ 派遣事業で人材シェア シェアグリ 井出飛悠人代表取締役

(左から)松阪颯士さん(取締役COO)、井出飛悠人さん(代表取締役)、岩間裕太さん(CFO)のサムネイル画像

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る