想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:JAアクセラレーターがめざすもの

AIと収穫ロボットで人手不足を解決 AGRIST 高橋慶彦取締役COO【JAアクセラレーターがめざすもの】2020年9月15日

一覧へ

JAグループのさまざまな事業と、技術やアイデアを持ったスタートアップ企業などをむすびつけ社会課題の解決をめざすアグベンチャーラボは全中、全農、農林中金などが運営している。このアグベンチャーラボの中核となっているのが「JAアクセラレータープログラム」で、スタートアップ企業とJAグループが連携して事業化を促進する。今回は第2期で採択されたAGRISTの高橋慶彦取締役COOに同社の事業とJAグループとの連携でめざす農業の未来像について聞いた。

AGRIST 高橋慶彦取締役COOAGRIST 高橋慶彦取締役COO

農家のアイデアで開発

AIと収穫ロボットで人手不足を解決1国際特許を申請中の収穫ハンド

--最初に事業の概要を聞かせてください。

私たちは宮崎県新富町でAIと収穫ロボットにより人手不足を解決しようとしています。私は秋田出身で地方から地域課題を解決するビジネスを成長させようとしてきました。根本にあるのは持続可能な農業と地域社会をどう実現するかです。農業をはじめ一次産業がいかに地方で重要かを認識しています。
そのために解決したい課題が農業の人手不足で、とくに収穫です。宮崎は10月から6月までピーマンを収穫していますが、過酷な環境での農作業で人手が集まらず、そもそも人口流出と高齢化が進行しており、町の農家のみなさんから聞いたのが「絶対にロボットしかない」という声でした。JA児湯の理事や青年部のメンバーです。そこから収穫ロボットの開発を始めました。設立は2019年の夏。つまり、農家の課題が先にあったということです。

--開発にはどう取り組んでいますか。

実際に農場に行ってみると剪定した葉が落ちていたり、加温用のダクトが地面を走っていました。従来は、たとえばマーカーを設置してその上をロボットが走るといった技術ですが、それができません。そこで「空中を走れないか?」という農家のアイデアから、ロープウェイのように空中をワイヤーをつたって移動するロボットを開発しました。
ロボットがハウス内のワイヤーをつたって巡回してカメラがピーマンを認識して収穫するという仕組みを昨年8月から開発をはじめ、1年で農場で実際に使えるまでになっています。夜間の実証も行っています。
この収穫ロボットの鍵は吊り下げ式であるということと、収穫ハンドです。従来はいわゆるロボットアーム、人の手のようなハンドが実をもぎ取るという方式ですが、私たちはハンドの中に実を巻き込みながら収穫するというロボットにしました。これも農家のアイデアから生まれたものです。
これまで収穫ロボットなど本当に実現できるのか、とずっと言われてきたと思いますが、そこを脱出して実現できるところまできており、国際特許も申請中です。

AIでハウス全体を分析

AIと収穫ロボットで人手不足を解決2--収穫以外にどんな機能がありますか。

ロボットはワイヤーをつたってハウス内を巡回しますから、さまざまなデータを取得していきます。ハウス内のセンシングは、これまではハウスの真ん中にセンサーを置き、それで全体のデータを取得して管理しようとしていましたが、ハウス中央と隅では環境が異なり、隅では病害が発生しているということもあります。これに対して私たちはハウス内を巡回して隅々の生育状況を画像で取得するとともに、気温、湿度、日射量、Co2などの数値データも取得して、AIで分析し他のエリアと明らかに違う生育状況があればアラートを出すということも考えています。早期に警告を出すことによって収穫の安定化につなげたいということです。今は1人の農家が管理できるのは70aが限界だといわれていますが、意欲ある農家の方は1haをめざしています。そうなると農家の目に代わる機械が必要だと思います。
私たちはこのようなロボットとAIで農家が儲かるビジネスモデルを考えており、導入費用は軽トラックを買う程度とし、農家からいただく手数料についても実際にロボットを導入して増えた収穫分に対しての10%というかたちで料金を設定したいと考えています。
収穫ロボットの導入によって、収穫の取りこぼしを減らし単収の増加につなげることができればロボットの導入経費も数年でまかなえますし、さらに規模拡大することもできると思います。
今回、現場の農家から言われたのは、100%完璧なロボットを開発しても高価なら手がでない、20%の機能でもいいから安いものを作ってほしいということでした。そこでもっとも実現可能なシンプルな果菜類であるピーマンからスタートしました。ほぼ年中収穫が可能ですから、ロボットを毎日改善できるという環境もあります。こうした共同開発が強みで、現在、収穫可能なピーマンの70%はこのロボットで収穫できることが実証できています。

食料問題にも貢献

--JAグループとの連携で何をめざしますか。

JAアクセラレーターに採択されたことでJAグループと連携して2021年秋から主要産地へサービスを提供していきたいと考えています。
農家がきちんと儲かることで絶対に地域が元気になります。私たちはテクノロジーをツールに、農家をサポートするロボットなどを低コストで開発していきたいと考えています。そのため現場の農家のみなさんとチームをつくり現場で使える技術をスピード感を持って実現していきたい。テクノロジーを通じて世界の食料問題の解決にも貢献できればと思います。


(関連記事)
【JAアクセラレーターがめざすもの】

日本の農業基幹システムめざす アグリハブ 伊藤彰一CEO

アグリハブ社 伊藤彰一CEO


「見える化」で生産者応援 テラスマイル 生駒祐一代表取締役

テラスマイル 生駒祐一代表取締役

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る