BASFヘッドSP:コテツフロアブル
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

JAの活動:ヒント&ピント ~JAの広報誌から~

多彩な1県1JAの広報誌【ヒント&ピント~JAの広報誌から】2021年9月4日

一覧へ

今回は1県1JAの広報誌を紹介する(福井県は未合併1JAあり)。同じ県内と言っても、農業の形ももとより気候風土も異なる。それを限られた広報誌の紙面でまんべんなく取り上げるのは至難の業だ。広報誌をみると、それぞれ地域を反映した多彩な記事が載っている。広報担当者の苦労がうかがえる。

県内統一企画も視野 JA福井県「ふくふる」県内統一企画も視野
JA福井県「ふくふる」

60ページに及ぶ広報誌で、全国の広報誌でもページ数でトップクラス。「ふくふる」は「JA福井県を目いっぱい=FULLにお届けする」の意味を込めた。

最初の10ページはJA福井県の共通のニュースで、残りの大半は7つの基幹支店の「地域版」コーナーが続く。

内容については、基幹支店の自主性に任せてあるが同JA総務部トータルサポート推進課は、「県内統一したテーマでの企画を検討している」という。基幹支店には専属の広報担当者を配置。5万7000部発行する。

 


県の特産をPR JAならけん「MAHOROBA」県の特産をPR

JAならけん「MAHOROBA」

「まほろば」は「住みやすい場所」の古語。その実現を目指しJAならけんは柿、茶、花、ホウレンソウ、イチゴ、酪農などの農業振興を図っている。それだけに市場開拓には力を入れており、広報誌の内容も特産や園芸の記事が多い。

全体をまとめる本店の広報担当者(総務部総務課)は「特産の多い奈良県で、少しでもPRに役立てば」と期待する。

JAの6つの地区には複数の広報担当者を配置。全県を隈なく網羅して編集している。約7万5000部発行。

 


人気の組合長コラム JA山口県「JAやまぐちけん」人気の組合長コラム

JA山口県「JAやまぐちけん」

JA福井県と同様、これも60ページを超す大作で、11の統括本部それぞれのページが用意してある。8月号では共通の分野で令和2年度の通常総代会の状況を報告。さらに若いトマト生産者を紹介する「農スマイル」。

毎号、金子光夫組合長の「みつおのつぶやき」(8月号)は7万3000を超すリツイートがあったほどの人気コラムだ。

本部に4人の広報担当者を配置し、統括本部の広報担当者と連携して取材に当たる。同JAには広報モニター制度があり、広報誌についての意見を聞き、紙面づくりに生かしている。

本シリーズの記事一覧は下記リンクよりご覧下さい。

【ヒント&ピント ~JAの広報誌から~】

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

注目のテーマ

注目のテーマ

全農人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る