秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオヘッドSP:ネマトリンエース
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

JAの活動:ヒント&ピント ~JAの広報誌から~

特集はタイミングがポイント【ヒント&ピント~JAの広報誌から】2022年12月3日

一覧へ

当然ながら、特集のテーマ選びにはタイミングが大事だ。それぞれ季節ごとの農作業、行事、祝祭日、さらにはJA合併や地域独自の記念日などに合わせたテーマが考えられる。それを探り出すのが広報担当者のだいご味である。11月号のJA広報誌から拾った。

和牛全共の余韻残る JAひだ「飛騨」(岐阜県)和牛全共の余韻残る
JAひだ「飛騨」(岐阜県)

11月号の広報誌の特集は、10月6~10日に開かれた和牛全共(全国和牛能力共進会)鹿児島県大会の成果を取り上げた和牛産地のJAが多かった。JAひだもそのひとつで、JAひだは日本でトップクラスのブランド牛・飛騨牛の産地。「愛と誇りを胸に心ひとつに挑んだ5日間」のタイトルで、岐阜県代表牛21頭の成績を掲載し、大会の様子を写真とともに4㌻にわたって細かく報じている。

単に成績の報告、会場の応援だけでなく、出発の見送りから、鹿児島までの運送の様子なども紹介し、JA・地域を挙げた取り組みの余韻が感じられる紙面になっている。

農機のメンテナンスを JAあいち豊田「グリーンボイス」(愛知県)農機のメンテナンスを
JAあいち豊田「グリーンボイス」(愛知県)

秋の農作業が終わり、春から活躍した農機は、ついそのまま春まで倉庫で寝かせがちだが、この機会にしっかりとメンテナンスをしておきたい。JAあいち豊田の広報誌は、メンテナンスによる安全作業を呼び掛けている。特に事故の多い草刈機やミニ耕うん機を取り上げ、保管・整備のポイントを紹介している。

草刈機は刈刃の交換、ギアケースのグリスの注入、燃料フィルター・タンクの点検、洗浄などがポイント。ミニ耕うん機は燃料ストレーナの清浄、エンジンオイルの定期的交換などを挙げている。続くページで農機事故防止を呼びかけ、点検・整備を促している。

淡路島の歴史探訪 JA淡路日の出「SunRise」(兵庫県)淡路島の歴史探訪
JA淡路日の出「SunRise」(兵庫県)

「古事記」によって、兵庫県の淡路島は日本で最初に誕生した島とされている。淡路島にはそれに関する多くの観光スポットがある。特に「日本書紀」には「淡路之海人」の記述があり、古代から淡路島の「海人」が活躍していたことを示している。JA淡路日の出の広報誌は、「文化の秋」と銘打って「淡路島の歴史を探訪しよう」と呼び掛けている。

JAの広報誌で郷土の歴史を紹介するケースは多い。案外知らない歴史があり、郷土史などの書物に当たるのもいいが、気軽にでかけて歴史を探訪するのも楽しいもの。特集でなく連載ものとして、もう少し詳しく紹介した方が効果がある。

最新の記事

右上長方形:Z-GIS・SP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る