人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

JAの活動:ほっとピックアップ【JAの広報誌から】

小学生と「すがい」つくり 稲作で盛んな地域で食と農のつながり学ぶ JAとぴあ浜松【ほっとピックアップ・JAの広報誌から】2023年11月14日

一覧へ

このコーナーでは、農協協会(農業協同組合新聞)に送っていただいている全国のJAの広報誌の中から、「”ほっと”する」「”ほっと”な」記事を拾って紹介します。

小学生に「すがい」づくりを指導小学生に「すがい」づくりを指導

JAとぴあ浜松は9月14日、同JA管内の静岡県浜松市の浜松市立中川小学校で、「すがい」作りを同小学校5年生65人に指導した。

田植えから収穫までの一連の流れを体験する取り組みの一部で、食と農の大切さとつながりを意識してもらうことが目的という。

「すがい」は、収穫した稲を束ねる縄のことで、ワラを手のひらでこすり合わせるようにねじって一本の縄にするもの。今では「すがい」をつくるのは珍しく、最初は手間取っていた小学生も、同JA職員や、女性部員の指導のもと、みるみる上達し、きれいな「すがい」を編み上げられるようになった。

参加した小学生からは「最初は、ワラがほどけて悔しかったけれど、作り方を教えてもらったら上手にできた。早くお米を収穫して食べたい」との声か聞かれた。

(JAとぴあ浜松「とぴあ」)

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る