JAの活動 特集詳細

特集:年頭あいさつ2015

2015.01.01 
土屋 博 氏(一般社団法人JC総研 代表理事理事長)一覧へ

 平成26年の年始にあたり、JAグループの研究機関よりJAcomに寄せられた年頭のごあいさつを紹介します。

JAグループと協同組合の調査研究機関として
情勢変化にも対応

土屋 博 氏(一般社団法人JC総研 代表理事理事長) 明けましておめでとうございます。
 年末の総選挙で与党が3分の2の議席を得ましたが、これをどう考えれば良いのでしょうか?アベノミクスが信任されたと考えるのでしょうか?それとも投票率の低さに表れたように選挙の争点そのものが不明確なまま迎えた選挙であったと考えるのでしょうか?
 また、アベノミクスの信任と受けとめたとしても、その信任の範囲は経済財政政策にとどまるのか、防衛やTPPなどの外交、さらには農協改革や農業政策などを含むのかという点では、多くの異論もあると思われますが、新年から政府の路線に沿った動きが加速すると見られ、JAにとって激動の年になりそうです。

◇   ◇

 JC総研は、萬歳JA全中会長を会長とするJAグループを主体とした研究機関であり、農業、地域、JA等協同組合についての調査・研究を行うとともに、人事制度やファーマーズ・マーケット等のJAの具体的な取り組みについてのコンサルティングも行っております。今年も現場の課題に対応したこうしたテーマに引き続き取り組むことに加え、情勢を踏まえた新たな課題についての調査・研究にも挑戦してまいりたいと考えております。
 昨年は、これまでのJA全国連、中央会、各種協同組合の会員に加え、JAに広く会員になっていただくようお願いしたところ、多くのJAの皆さまのご協力を賜ることができました。会員の皆様から現場の視点でアドバイスを頂戴しながら、農業・農村・JA等協同組合の将来を見通した調査研究を行ってまいります。
 本年も皆さまの温かいご指導・ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ