JAの活動 特集詳細

特集:JAトップアンケート 今、農業協同組合がめさずこと

2015.10.26 
【JAトップアンケート】JA越前たけふ 冨田隆・代表理事組合長 「農協の原点に戻る」一覧へ

 JAグループは10月15日の第27回JA全国大会で「創造的自己改革への挑戦」のスローガンのもと、「農業者の所得増大」と「農業生産の拡大」「地域の活性化」に全力を尽くすことを決議した。これらの課題を全国各地で地域特性に合わせて実践していくには、各JAトップ層のリーダーシップ発揮が期待される。そこで本紙では「今、農業協同組合がめざすこと」をテーマにJAトップ層の考え、思いを広く発信しJA運動と事業の発展に資すればと考えアンケートを実施した。今回は、JA越前たけふの冨田隆代表理事組合長のご意見を掲載する。


JA越前たけふ 冨田隆・代表理事組合長JA越前たけふ

冨田隆・代表理事組合長

回答日:2015.9.24


【問1】あなたの農協では、農業・地域に対し、どんな役割を果たそうと考えておられますか。今後もっとも重要な役割だとお考えの内容をお書きください。
 農業者の期待に応えられる農協を基本理念として消費者との連携を深めていく。農業者のための農協として原点回帰を行う。消費者との交流により信頼の構築を行う。


【問2】問1の役割を果たすうえで、今、農業・地域での最大の課題は何ですか。
 農業者のための農協として原点回帰を行う。
(1)生産コストの低減(2)農畜産物の付加価値を高め有利販売を行う。
 消費者との交流を深め信頼の構築を行う。


【問3】問2の課題を解決するため、もっとも力を入れようと考えておられることは何ですか。
 現場を重視して絶えず実践を繰り返す。


【問4】問3に関連して、第27回JA全国大会議案では「9つの重点実施分野」を掲げています。このうち課題を解決し、貴JAがめざす姿を実現するために、もっとも重要と考えておられる事項を3つあげてください。また、その分野において、どんな取り組みを考えておられるのか、具体的内容をお書きください。

JA大会_重点実施9分野b=マーケットインに基づく生産・販売事業方式への転換
(具体的取組内容)
消費動向に合った多様な農畜産物の生産

c=付加価値の増大と新たな需要開拓への挑戦
(具体的取組内容)
安全・安心を基本とした環境保全型農業の確立

d=生産資材価格の引き下げと低コスト生産技術の確立・普及
(具体的取組内容)
環境保全型農業生産資材の開発と啓蒙


【問5】第27回JA全国大会を機に、JAトップとして内外に発信したいお考えをお書きください。
 意識改革を基本とした組織改革の実践。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ