Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:プリンスベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:JAトップアンケート 今、農業協同組合がめさずこと

【JAトップアンケート】JAさがえ西村山 古沢明代表理事組合長 「地域経済の一翼担う」2015年11月4日

一覧へ

 JAグループは10月15日の第27回JA全国大会で「創造的自己改革への挑戦」のスローガンのもと、「農業者の所得増大」と「農業生産の拡大」「地域の活性化」に全力を尽くすことを決議した。これらの課題を全国各地で地域特性に合わせて実践していくには、各JAトップ層のリーダーシップ発揮が期待される。そこで本紙では「今、農業協同組合がめざすこと」をテーマにJAトップ層の考え、思いを広く発信しJA運動と事業の発展に資すればと考えアンケートを実施した。今回は、JAさがえ西村山の古沢明代表理事組合長のご意見を掲載する。

さがえ西村山JAさがえ西村山
古沢明代表理事組合長

回答日:2015.9.30


【問1】あなたの農協では、農業・地域に対し、どんな役割を果たそうと考えておられますか。今後もっとも重要な役割だとお考えの内容をお書きください。
1.農業の振興と発展-地域農業を支え農業所得の拡大をめざす
(1)トップブランドづくり、維持拡大
(2)担い手の育成・支援(農地集積含む)
(3)JA農業法人の充実・発展
(4)観光農業の充実
2.地域経済の一翼を担う-農業と地域経済をコーディネート
(1)産直施設を核に消費者との交流
(2)生活関連施設の整備充実-給油所、葬祭、福祉施設、車の整備工場
(3)農商工連携強化-商工会役員・観光協会役員
(4)各種イベント参画


【問2】問1の役割を果たすうえで、今、農業・地域での最大の課題は何ですか。
(1)農業者の高齢化・担い手不足
(2)中山間農業と人口減少
(3)農産物の販売価格低迷
(4)協同組合意識の希薄化


【問3】問2の課題を解決するため、もっとも力を入れようと考えておられることは何ですか。
(1)農産物の販売対策
(2)JA農業法人の運営
(3)新規就農者の確保・育成
(4)農業法人の育成指導


【問4】問3に関連して、第27回JA全国大会議案では「9つの重点実施分野」を掲げています。このうち課題を解決し、貴JAがめざす姿を実現するために、もっとも重要と考えておられる事項を3つあげてください。また、その分野において、どんな取り組みを考えておられるのか、具体的内容をお書きください。

JA大会_重点実施9分野c=付加価値の増大と新たな需要開拓への挑戦
(具体的取組内容)
特産さくらんぼの差別化、生産、販売(大玉紅秀峰〈初夏のルビー〉)、海外輸出、高品質米の差別化販売、良食味米「厳選つや姫」、集団栽培米「つや姫ヴィラージュ米」

e=新たな担い手の育成や担い手のレベルアップ対策
(具体的取組内容)
JA農業法人で育成指導、JAの嘱託指導士の実践指導

g=JA事業を通じた生活インフラ機能の発揮、JAくらしの活動を通じた地域コニュニティの活性化
(具体的取組内容)
産直、福祉、葬祭、セルフスタンドの充実、JA女性部と商工会女性部の交流


【問5】第27回JA全国大会を機に、JAトップとして内外に発信したいお考えをお書きください。
 1.JAは食と農を基軸とした協同組合であり、地域に根ざした経済団体であること。さらに助け合い・相互扶助が基本理念であることを幅広く発信したい。
 2.農家所得向上を図るには川下対策が重要であり、JAグループ挙げて取り組む必要性をアピールしたい。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る