想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ワンサイドP乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:2021持続可能な社会を目指して 今こそ我らJAの出番

特集にあたって【特集:今こそ我らJAの出番】2021年1月1日

一覧へ

新年白鳥

特集にあたって

JAcom農業協同組合新聞は、2021年新年特集として「2021 持続可能な社会をめざして 今こそ我らJAの出番」をテーマに企画いたしました。

2020年は新型コロナウイルス感染症が世界中に広がり、私たちの社会に一年前には想像もしなかった打撃を与え、かつてない暮らしの変容を余儀なくされています。また、この感染症は社会のなかの弱い部分、人に大きな影響を及ぼすことも浮き彫りにし格差の是正も課題であることを示しました。

そしてこの感染症の終息は未だに見通せず長期化するなかで、私たちは協同の力で、命と暮らし、地域を守っていくことがいっそう求められていることを改めて認識しなければなりません。

今回の感染症拡大が改めて示したのは、命を支える食料を自国で生産することと、その食料を農村から都市に着実に届けることの重要性でした。こうした機能を発揮したのは、組合員や職員が各地域で協同の力でつながったJAグループであり、コロナ禍のなかで国民に安心を与える役割も果たしたと思います。
同時に国産食料への関心の高まりは、密集社会のリスクを避ける農村の価値の見直しにもつながっています。こうした社会の変化をふまえれば、農業振興はもちろん、豊かで暮らしやすい地方や農村地域づくりが持続可能なこの国の「かたち」にとってますます重要になると考えます。

こうした考えのもと「今こそ我らJAの出番」をテーマに現場の挑戦を全国のJAをはじめ関係者に発信していきます。

企画内容全般については下記をご参照ください。


新年白鳥

持続可能な社会を目指して 2021年いまこそ我らJAの出番

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る