Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
全農ビジネスサポート:センター上:PC
全農ビジネスサポート:センター上:SP

JAの活動:第67回JA全国青年大会特集号 持続可能な社会をめざして 切り拓け! 青年の力で

トマト栽培で地域の守り人に成長-JA青年の主張 全中会長賞の吉津さん2021年2月18日

一覧へ

第67回JA全国青年大会の「JA青年の主張」には5ブロックの代表が発表した。JA全中会長賞に輝いたJA会津よつば青壮年部只見支部の吉津紘二さんはトマト栽培に取り組み、地域農業の守り手として期待されている。「オールドルーキー」と題した発表で苦労しながらも地域から頼られる存在になっていく歩みが審査員から評価された。

全中会長賞の吉津さん全中会長賞の吉津さん

吉津さんは教育学部を卒業したものの教育実習がうまくいかず自信を失って家に引きこもっていたところ、トマト農家の先輩から声をかけられことがきっかけで研修生を働くことからスタートした。先輩たちが「俺たちが南郷トマトのブランドを創ってきた。心配しないでやってみろ」の励ましが背中を押した。

就農時には30人もの先輩やJA職員が手伝いハウスを建ててくれたという。「団結力があるからIターンやUターンで就農する人が絶えません」。結婚し子どもも生まれた。

先輩のなかには米焼酎を製造、販売する会社を立ち上げたり、教育委員も兼務している農家のいる。「みなが言うことは同じ。この地域を守っていきたい」。

就農から7年。吉津さんのもとに教育委員会から、冬の間、高校生向けの公営塾の講師をしてくれないかとの依頼が届いた。「引きこもりのような生活から日の当たる生活へ。自信を取り戻し、また子どもたちと向き合えるようになった今、ようやく地域を守る一員としてスタートラインに立てたような気持ちでいます」。

その他の発表。

◎「盟友による盟友のためのシステム」埼玉県・JAいるま野東部後継者部会 塩野雅之さん(関東・甲信越ブロック代表)
◎「一本の鍬で切り開く三方原馬鈴薯物語」静岡県・JAとぴあ浜松青壮年部 磯貝将大さん(東海・北陸ブロック代表)◎「どんな時でも、どんな年でも進み続ける」滋賀県・JA栗東市青壮年部 小谷隆介さん(近畿ブロック代表)
◎「日々挑戦する事の意味」島根県・JAしまね斐川青年連盟 伊藤尚幸さん(中国・四国ブロック代表)

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

DiSC:SP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る