人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
日本曹達 231012 PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

JAの活動:第9回JA営農・経済フォーラム

【第9回JA営農・経済フォーラム 全国連からの報告②】農業リスクと事業間連携 JA共済連 深井裕常務2023年9月26日

一覧へ

事業間連携による総合事業力の発揮と担い手支援の強化JA全中

JA共済連の深井裕常務理事は農業保障の取り組み強化策について報告した。

JA共済連 深井裕常務理事JA共済連 深井裕常務理事

JA共済では3か年計画で農業保障の取り組み強化、農業・地域への貢献に力を入れている。

農業保障では農業者賠償責任共済「ファーマスト」を22年4月に新設した。これは農業を行ううえで発生する賠償のリスクを幅広く保障する仕組みだ。生産、加工、販売した生産物が原因で賠償責任を負った場合の生産物賠償、生産物への異物混入、残留農薬などによる生産物回収費用の保障のほか、農業施設が原因で生じた賠償責任に対する施設賠償、保管物の損壊、盗難などによって発生した賠償責任に対する保管物賠償がある。

推進しているJAでは全役職員向けの研修を開催し営農・経済・共済が連携しオールJAで普及を進め、生産部会の集まりや直売所出荷者へ広く案内している。同行推進などはJAの異なる部門間の協働が大事で「営農指導員とLAが協働することで訪問できる幅と提案できる幅が広がった」との声が聞かれる。

農業リスク診断では、リスクの「見える化」を行う。そのリスクの回避・軽減に向けた対策を提案している。これは共済だけでなく、営農経済、信用など総合的な観点から提案するツール。取り組みを進めているJAでは、農業者を取り巻く課題全般についてニーズを聞く機会にしている。

また、農作業事故未然防止活動として事故を擬似体験できる「農作業事故体験VR」を開発、全国のJAでの研修会などで活用している。農業者の規模は拡大しリスクも幅広く複雑化。自然災害も増えており、保障の提供と地域貢献活動を通じてリスク対応に貢献していきたい。

【第9回JA営農・経済フォーラム 情勢報告】組合員起点の事業運営を JA全中 藤間則和常務

【第9回JA営農・経済フォーラム 全国連からの報告①】TACと営農DX化支援 JA全農 日比健常務

【第9回JA営農・経済フォーラム 全国連からの報告③】担い手コンサルで事業間連携 農林中金 川田淳次常務

【第9回JA営農・経済フォーラム 課題提起】農業の発展とJAの総合事業力 JA全青協 稲村政崇会長

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る