人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
FMCセンターPC:ベネビア®OD
日本曹達 231012 SP

JAの活動:第9回JA営農・経済フォーラム

【第9回JA営農・経済フォーラム 課題提起】農業の発展とJAの総合事業力 JA全青協 稲村政崇会長2023年9月26日

一覧へ

事業間連携による総合事業力の発揮と担い手支援の強化JA全中

フォーラムではJA全青協の稲村政崇会長が課題提起を行い、JAの各事業部門間に「横串」を通して情報共有するなど、総合事業の優位性を発揮して組合員を支援してほしいと期待した。

JA全青協 稲村政崇会長JA全青協 稲村政崇会長

若手農業者が農業で生活していくうえで所得の確保は極めて重要である。単純に考えると、資材等を安く仕入れ、生産物を自ら販売すれば所得は確保できると考えられるが、実際には安い資材を見つけても質が悪かったり、販売先を探すことは困難で大変な労力がかかることに気づく。そのほかブランディングや販路拡大、出荷作業の大変さ、代金回収のリスクなど、自分で販売しようとチャレンジした農業者こそ見えないコストがあるということに気づき、JAの有難さが分かる。

JAは総合事業を展開し、生産者の営農を守るだけでなく農村・地域や住民の生活自体を守り、支える事業を展開している。各事業部門が、高い専門性を持っていることは大変素晴らしいが、部門間で横串を刺して情報共有を図り、総合事業の優位性を存分に発揮することで、より組合員や地域に欠かせない存在になるのではないか。若手生産者として、JAの潜在能力の高さを感じるからこそ、縦割りではない組織づくりに期待したい。

出向く活動について、担い手に直接会ってコミュニケーションをすることは文書を送るより圧倒的に距離が縮まり、伝えたい情報の理解が高まることは間違いない。しかし、JAの体制が厳しいことも理解しており、少ない要員でどう出向く活動を行うかを考えると、ターゲットの明確化を図っていくことも必要ではないか。たとえば、組合員同士でJAの情報を拡散し、盛り上げてくれるキーパーソンをターゲットにして、自然と波紋が広がっていくような情報伝達の仕組みを検討してはどうか。

また、JA役職員と組合員との関係性構築・信頼向上には「対話」が大事だが、本当にお互いを分かり合える「対話」の機会を作ってもらえると有難い。

JA青年組織は、未来を見据えて知識と意識を高める活動をしっかりと行い、JAとともに国民の食と農村、生活を守るためともに歩んでいきたいと考えている。

【第9回JA営農・経済フォーラム 情勢報告】組合員起点の事業運営を JA全中 藤間則和常務

【第9回JA営農・経済フォーラム 全国連からの報告①】TACと営農DX化支援 JA全農 日比健常務

【第9回JA営農・経済フォーラム 全国連からの報告②】農業リスクと事業間連携 JA共済連 深井裕常務

【第9回JA営農・経済フォーラム 全国連からの報告③】担い手コンサルで事業間連携 農林中金 川田淳次常務

重要な記事

240425バサグラン・エアーCP_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る