農政 ニュース詳細

2013.05.07 
「人・農地プラン」作成市町村1300超 農水省一覧へ

 農林水産省は5月1日、3月末現在の「人・農地プラン」の作成状況などをまとめ公表した。

 「人・農地プラン」(以下、プラン)を作成しようとしている市町村数は1560、地域数では1万7481となっている。
 このうち集落・地域への説明をおおむね終了しているのは、プランを作成しようとしている市町村の98%にあたる1524市町村となった。
 作成のための検討会を開催したのは、同84%にあたる1318市町村で2月末の同61%(948市町村)から大きく増えた。さらにプラン作成にまで至っていたのは同84%にあたる1312市町村でこれも2月末の同56%(876市町村)から大きく増えた。地域数は7573で同43%となっている。
 プランを作成した市町村数と地域数のブロック別内訳は以下のようになっている(%はプランを作成しようする市町村数対比)。
▽北海道 158市町村(92%)724地域
▽東北 173市町村(82%)1418地域
▽関東 289市町村(77%)882地域
▽北陸 77市町村(97%)1447地域
▽東海 89市町村(76%)353地域
▽近畿 113市町村(74%)509地域
▽中国・四国 170市町村(87%)842地域
▽九州・沖縄 243市町村(93%)1398地域
 プランは将来の地域農業の姿について▽集落・地域の関係者が徹底的に話し合い▽今後の中心となる経営体とそこへの農地集積をどう進めるか▽中心経営体以外を含めた地域農業のあり方をどう描くのか、といった計画を策定するもの。一度作成したプランについて、さらに多くの農業者の参加で見直しを図ることも可能で、国は規模拡大や農地の出し手などに支援する。
 農水省はプラン作成の意向のある市町村で25年度中に作成が実現されるよう、先進事例の情報提供を通じて取り組みを推進することにしている。


(関連記事)

人・農地プランの作成市町村数876(2013.03.28)

「人・農地プラン」の作成市町村34% 農水省(2012.12.26)

「人・農地プラン」 作成済み市町村は2割秋からの話し合いで成果を  農水省 (2012.10.29)

【人づくり・組織づくり・地域づくり】 作りあげよう!実践しよう!自らの手で  JA全中営農農地総合対策部担い手・農地対策課課長 田村政司 (2012.10.05)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ