左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

国内初「環境フットプリント」開発 東京都市大学2013年5月27日

一覧へ

 東京都市大学(旧武蔵工業大学)は、商品の生産などで使われた水、化学物質、産業廃棄物、木材など14種の環境影響物質の使用量を産出する「環境フットプリント」の原単位データベース化に国内で初めて取り組んだ。同大学のホームページで公開している。

 「環境フットプリント」とは、原材料調達から生産、廃棄、リサイクルなどの商品一生分の温室効果ガスや水、化学物質、廃棄材、木材などの物質の使用量を算出し、地球環境への負荷を定量化する手法。環境意識の高いヨーロッパなどでは、すでに利用されている。
 同大学では、これまで「カーボンフットフットプリント」(製品の生産などで発生した温室効果ガスの排出量)や、来年にはISO国際規格化が予定されている「ウオーターフットプリント」の排出を中心に、製品のライフサイクルを通じて発生する環境影響を評価するLCA(ライフサイクルアセスメント)の研究を行ってきた。ヨーロッパを中心とした環境影響領域の拡大に伴い、原単位のデーターベース化に着手した。
 詳しくは東京都市大学ホームページで。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る